muksi - story thumb

--:-- / --:--
うなぎのかぎ賃

うなぎのかぎ賃

江戸小話

むかし、ある町に、けちんぼうな男がいました。

男は毎日まいにち毎日まいにちご飯ごはんどきになると、

うなぎ

屋の前へ出かけでかけて行っては腹いっぱいにうなぎのにおいを吸い込みすいこみ

そのまま家へ飛んとん帰っかえってうなぎのにおいでご飯ごはん食べるたべるのです。

さて、それに気づいきずいたうなぎ屋の親父おやじは、

「においだけで飯を食うくうとは、なんちゅうけちだ。

よし、あのような奴からは、においのかぎ賃を取っとってやろう」

と、さっそく帳面ちょーめん(ちょうめん)につけておき、月末げつまつになると男の家ににおいのかぎ賃を取りとり行きいきました。

すると、けちんぼうな男は。

「やい、おれはうなぎ屋に、借金をした覚えおぼえはないぞ!」

「いえいえ、これは、うなぎのかば焼のかぎ賃でございます。

えーと、しめて八百文(→二万四千円ほど)ですな。

においをかいでうなぎを食べたべたつもりになっておりますので、こちらも食わせくわせたつもりで銭を取りとりました」

うなぎ屋がすましていうと、男は仕方しかたなくふところから八百文取り出しとりだしました。

「へい、確かたしかに八百文。ありがとうございました」

うなぎ屋がにこにこ顔でお金おかね受け取ろうけとろうとすると、男はそれを板の間いたのま放りほーり投げなげました。

チャリーン。

チャリーン。

お金おかね景気けいきの良い音をたてると、男はうなぎ屋に言いいいました。

「においの代金だいきんは、音で払おはらおう。

今、銭の音を聞いきいただろう。

本当に銭を受け取っうけとったつもりで、帰んかえんな!」

この勝負、うなぎ屋の負けまけでございます。

♪ちゃんちゃん

(おしまい)

隠しかくしキャラの正解


けちる
毎日
ご飯
うなぎ
出かける
におい
吸い込む
飛ぶ
帰る
食べる
気づく
親父
食う
ゅうけちだ
取る
帳面
ちょう
つける
月末
行く
覚え
こちら
食わせる
来る
すます
仕方
ふところ
取り出す
確か
お金
受け取る
板の間
放る
投げる
景気
たてる
言う
代金
払う
聞く
負け
隠し
キャラ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.