muksi - story thumb

--:-- / --:--
約束の日

約束の日

百物語

むかし、江戸えど本所ほんじょ(ほんじょ)の『いろは長屋ながや』に、山口やまぐち浪之介(やまぐちなみのすけ)と光川新衛門えもん(みつかわしんえもん)という

浪人

(ろうにん)が一緒に暮らしくらしていました。

二人は小さい頃からの友だちともだちで、ずっと同じ殿さまとのさま仕えつかえていましたが、殿さまとのさまの家がつぶれてから長い浪人生活で、今ではその日の米代にも困るこまるありさまです。

「のう、浪之介(なみのすけ)。

こんな事をしておっては、二人とものたれ死にしにをするばかりだ。

いっその事、別々べつべつ暮らしくらし考えかんがえてはどうだろうか?」

「なるほど、それもよかろう。

では新衛門えもん(しんえもん)、三年後に会うあう事にしないか?」

「わかった。三年後に必ず」

「おう、三年後に」

二人は会うあう場所ばしょ時間じかん決めきめて、別れ別れわかれわかれに生活をする事にしました。

それから月日つきひ流れながれて、もうすぐ約束の三年です。

その頃の浪之介は人の道を外れはずれて、世間せけんに名高い盗賊とーぞく(とうぞく)となっていました。

ところがドジを踏んふん役人やくにん捕まりつかまり、やっとの事で逃げ出しにげだして、小舟こぶねで海へと逃れのがれたばかりです。

浪之介は舟の上で、ふと約束の日の事を思い出しおもいだしました。

「そうだ。このまま東へこいで、江戸えど下ろくだろう。こんなに落ちぶれおちぶれてしまったが、友だちともだちとの約束は守らまもらねば」

浪之介は新衛門えもん会うあう為に舟を江戸えど進めすすめましたが、運の悪い事に高波たかなみ飲み込まのみこまれて、そのまま海の底に沈んしずんでしまったのです。

その頃の新衛門えもんは、必死ひっし働いはたらいたおかげで南町奉行まちぶぎょー所(みなみまちぶぎょうしょ→裁判所さいばんしょ)の調べしらべ役になっていました。

衛門えもんは浪之介が東海道とーかいどー騒がすさわがす盗賊とーぞくになって、江戸えど人相書にんそーがき(にんそうがき→犯人はんにんの顔のイラスト)まで回っまわっている事を知っしっていました。

いよいよ約束の日の朝、新衛門えもんは約束の場所ばしょ行こいこうかどうか迷いまよいました。

「今の浪之介とおれとでは、気軽きがる会えるあえる立場たちばではない。

友だちともだちであるあいつを捕まえるつかまえる事は出来できぬし、かと言っいっ見逃しみのがした事が人にしれれば、おれが捕まるつかまる立場たちばになる。

やはりあいつとは、会わあわない方が・・・。

いや! たとえどうなろうと、おれにとってあいつはかけがえのない友だちともだちだ。

友だちともだちとの約束は、守らまもらねば」

衛門えもんは心を決めるきめると、浪之介に会うあう為に家をました。

すると何と、浪之介が家の前で座っすわっているではありませんか。

「おお、浪之介。よくた」

そう言っいって、新衛門えもんはハッとしました。

馬鹿ばかな、人相書にんそーがきまで回っまわっているお前おまえが、なぜおれの家などに来るくるのだ。おれの家を調べしらべたからには、おれの仕事は知っしっているはず)

衛門えもんは顔を地面じめん向けるむけると、浪之介に言いいいました。

「さあ、浪之介。おれがこうしている間に、どうか逃げにげてくれ」

すると浪之介が、さびしく笑っわらっ言いいいました。

「なにを言ういうのだ。

おれはお前おまえの手でしばってもらおうと思っおもったからこそ、わざわざここまでやって来やってきたのではないか。

さあ、おれを捕まえつかまえて、お前おまえ手柄てがらにしてくれ」

「しっ、しかし・・・」

「おれの事を今でも友だちともだち思っおもっているなら、おれを捕まえつかまえてくれ」

「・・・わかった」

こうして新衛門えもん捕まっつかまった浪之介は、小伝馬こでんま町(こでんまちょう)の牢(ろう)に入れいれられました。

ところがその夜、番人ばんにん見回りみまわり行くいくと新衛門えもんはにっこり笑っわらって、

「新衛門えもんどのに、くれぐれもよろしく」

と、言い残しいーのこし見回りみまわりている前でスーッと消えきえてしまったのです。

浪之介の座っすわっていた牢の床は、不思議ふしぎな事に海の水でビッショリと濡れぬれていたそうです。

海で死んしんだ浪之介は、死んしんでも約束通り友だちともだちの新衛門えもん会いあいたのでした。

おしまい


江戸
本所
いろは
長屋
山口
すける
衛門
かわす
暮らす
友だち
殿さま
仕える
つぶれる
困る
たれる
死ぬ
別々
暮らし
考える
会う
わかる
場所
時間
決める
別れ別れ
月日
流れる
外れる
世間
盗賊
踏む
役人
捕まる
逃げ出す
小舟
逃れる
思い出す
下る
落ちぶれる
守る
進める
高波
飲み込む
沈む
必死
働く
おかげ
町奉行
みなみ
裁判所
調べ
東海道
騒がす
人相書
犯人
イラスト
回る
知る
行く
迷う
気軽
会える
立場
あいつ
捕まえる
出来る
言う
見逃す
しれる
かけがえ
出る
座る
来る
馬鹿
お前
調べる
地面
向ける
逃げる
笑う
しばる
思う
やって来る
手柄
小伝馬
ちょう
入れる
番人
見回り
言い残す
見る
消える
不思議
ビッショリ
濡れる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.