muksi - story thumb

--:-- / --:--

むかしむかし、大きなお屋敷やしきに、一人のお金持ちかねもち住んすんでいました。

このお金持ちかねもちはお屋敷やしきの倉にたくさんの宝石ほーせき持ちもち色々いろいろなところに別荘べっそー持っもっています。

でも青いひげがモジャモジャと生えはえた、とても怖い顔をしているので、人々ひとびとからは『青ひげ』と呼ばよばれて嫌わきらわれていました。

そして青ひげには、きみょうなうわさがありました。

それは今までに六人も奥さんおくさんをもらったのに、みんなどこかへいなくなってしまうというのです。

ある日の事、青ひげは近くちかく住むすむ美しい娘を、7人目のお嫁さんよめさんにしたいと思いおもいました。

そこで娘とそのお母さんおかーさん兄弟きょーだいたち、それに友だちともだちもよんで、おいしいごちそうをしてもてなしました。

みんなは青ひげの別荘べっそー泊まりとまり、何日も何日も楽しく過ごしすごしました。

その間そのかん、青ひげは一生懸命いっしょーけんめいにニコニコと、やさしい顔をしていました。

しばらくすると娘は、青ひげのお嫁さんよめさんになってもいいと言いいいました。

青ひげは大喜びよろこびで、すぐに結婚式けっこんしき(けっこんしき)をあげたのです。

結婚式けっこんしきから数日後、青ひげは奥さんおくさん言いいいました。

明日あしたから大切たいせつな用があって、わたしは旅に出かけるでかけることになった。だから、あなたに屋敷やしきのカギをあずけていこう」

そう言っいって、カギのたくさんついているたばを取り出しとりだしました。

「これは、家具かぐ入っはいっている倉のカギ。

これは、金や銀の食器しょっきの棚のカギ。

これは、宝石ほーせき箱のカギ。

これは、有名ゆーめい画家がかの絵が入っはいっているカギ。

わたしの留守の間、たいくつだったら屋敷やしきにいくら友だちともだちをよんでもかまわないし、どの部屋へや入っはいってもかまわないよ。

ただし・・・」

青ひげは急に怖い目をして、奥さんおくさんをジロリとました。

「この小さなカギだけは、使わつかわないように」

「はい。でもこれは、いったいどこのカギなのですか?」

「これは、廊下ろーか突きつき当たりあたりの小さな部屋へやのカギだ。いいな、。その部屋へやには絶対ぜったい入っはいってはいけないよ」

「わかりました」

こうして青ひげは、次の朝に出かけでかけていきました。

はじめのうちは、奥さんおくさん友だちともだちをよんで楽しく過ごしすごしていましたが、そのうちにたいくつになってきました。

するとあのいけないと言わいわれた部屋へや入りはいりたくて、たまらなくなりました。

「だめ、約束だから、いけないわ。

・・・いけないかしら。

・・・少しだけなら、大丈夫だいじょーぶかも。

・・・大丈夫だいじょーぶよね。

・・・大丈夫だいじょーぶよ」

奥さんおくさんは小さなカギで、小さな部屋へやのドアを開けあけてしまいました。

「あっ!」

中を奥さんおくさんは、ドアのところに立ったったままガタガタとふるえだしました。

部屋へやのかべにはたくさんの女の人の死体したいがぶらさがり、床には血がベッタリとこびりついていたのです。

それはみんな、青ひげの前の奥さんおくさんたちでした。

「ただいま」

そこへ、青ひげが帰っかえってきたのです。

おくさんはビックリして、カギを床に落としおとしてしまいました。

おくさんはあわててカギをひろうと、ドアにカギをかけて青ひげのいる玄関げんかん行きいきました。

「お、お、お帰りかえりなさい」

奥さんおくさんた青ひげは、ニッコリ笑いわらいました。

「やあ、すっかり、遅くなってしまったね。ごめんよ。・・・おや、どうしたんだい? そんなにふるえて」

「い、いえ、べ、べつに」

ガタガタとふるえる奥さんおくさんた青ひげは、急に怖い顔になって言いいいました。

渡しわたしていたカギを、出しだしてもらおう」

「はっ、はい」

奥さんおくさんがふるえる手で差し出しさしだしたカギをた青ひげは、キッ! と、奥さんおくさんをにらみつけました。

カギには、あの部屋へや落としおとした時についた血がついていたのです。

「・・・いけないといったのに、やっぱりたんだな」

お許しおゆるしください、お許しおゆるしください」

奥さんおくさんは青ひげの前にひざまずいて、泣いないてあやまりました。

でも青ひげは、許しゆるしてくれません。

お前おまえこそはと、信じしんじていたのに。・・・お前おまえも、悪い女だ。・・・殺しころしてやる!」

お許しおゆるしください、お許しおゆるしください」

「・・・では、お祈りの時間じかんだけ待っまってやろう」

「ああ、神さまかみさま・・・」

奥さんおくさん必死ひっしで、神さまかみさまにお祈りします。

青ひげは刀を抜くぬくと、お祈りをしている奥さんおくさんの首を切ろきろうとしました。

ちょうどその時、玄関げんかんのドアが開いひらいて二人の男の人が入っはいってきました。

運がよいことに、奥さんおくさんの二人のお兄さんにーさんたちが妹をたずねてきたのです。

二人は妹が首を切らきられそうなのを知っしって、すぐに青ひげに飛びかかりとびかかりました。

そして何とか、青ひげをやっつけました。

その後そのご死んしんだ青ひげにはしんせきがいなかったので、お屋敷やしき別荘べっそーお金おかね宝石ほーせき全部ぜんぶ奥さんおくさんの物となりました。

奥さんおくさんはそれから、幸せしあわせ暮らしくらしたということです。

おしまい


屋敷
金持ち
住む
たくさん
宝石
持つ
色々
別荘
モジャモジャ
生える
人々
呼ぶ
嫌う
奥さん
もらう
みんな
近く
嫁さん
思う
お母さん
兄弟
友だち
もてなす
泊まる
過ごす
その間
一生懸命
言う
喜び
結婚式
あげる
明日
大切
出かける
あなた
あずける
取り出す
家具
入る
食器
有名
画家
いくつ
かまう
部屋
ジロリ
見る
使う
廊下
突き
当たり
絶対
わかる
はじめ
いける
大丈夫
開ける
立つ
ガタガタ
ふるえる
死体
ぶらさがる
こびりつく
帰る
落とす
あわてる
ひろう
かける
玄関
行く
笑う
渡す
出す
差し出す
にらみつける
お許し
くださる
ひざまずく
泣く
あやまる
許す
お前
信じる
殺す
時間
待つ
神さま
必死
抜く
切る
開く
兄さん
たずねる
知る
飛びかかる
やっつける
その後
死ぬ
お金
全部
幸せ
暮らす

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.