muksi - story thumb

--:-- / --:--
カッパの雨ごい

カッパの雨ごい

日本の昔話

むかしむかし、あるところに、森に囲まかこまれた小さな村がありました。

その森に古い沼があって、一匹の

カッパ

住んすんでいました。

このカッパはひどいイタズラガッパで、畑を荒らしあらしたり、沼へ人を引きずり込んひきずりこんだりと、いつも悪さをするのです。

ある日の事、この村にやって来やってきた旅の坊さんぼーさんが、イタズラガッパの話しはなし聞きききました。

すると坊さんぼーさんはさっそく沼へ行っいって、カッパを呼び出しよびだし言いいいました。

お前おまえは、いつも悪い事ばかりしているようじゃが、いったい何が気に入らきにいらんで、そんな事をするんじゃあ?」

するとカッパは、こんな事を話しはなし始めました。

「おらは、カッパの身の上みのうえがつらいんよ。

こんな姿では、人間にんげん仲間なかまには入れいれてもらえない。

かといって、魚やカメの仲間なかまでもねえ。

ここには仲間なかまもいねえし、おもしろくねえ。

だからおらは腹が立ったって、無茶苦茶むちゃくちゃ暴れあばれ回るんだ」

話しはなしているうちに、カッパは涙をこぼしました。

「お坊さま。

おらは、人間にんげん生まれ変わりうまれかわりてえ。

人間にんげん生まれ変わるうまれかわるには、どうしたらいいんだ?」

「それは、お前おまえ生きいきている間に、何か人間にんげんの為になる事をすればいい」

「そうか、わかった」

カッパは坊さんぼーさんに礼を言ういうと、帰っかえって行きました。

さて、その年の夏の事です。

村では日照りひでり続いつずい作物さくもつ枯れかれ、ついに井戸いどの水も干上がっひあがってしまいました。

「このままでは、みんな死んしんでしまうぞ。雨ごいあまごいだ。雨ごいあまごいをするんだ」

村人むらびとたちは広場ひろば集まっあつまって、朝から晩まで空に向かっむかっ雨ごいあまごいをしました。

「雨よ、降れふれ、雨を降れふれ、どうか雨よ、降っふってくれ!」

でも、雨は一滴いってき降りおりません。

そんな雨ごいあまごいが何日も続いつずいた頃、あの沼のカッパが村へやって来やってきました。

「イタズラガッパじゃ、やっつけろ!」

カッパを取り囲んとりかこん村人むらびとたちは、日頃ひごろのうらみと雨が降らふらない腹いせはらいせに、カッパを殴っなぐったり蹴っけったりしました。

いつもならすぐに逃げ出すにげだすカッパですが、今日きょー殴らなぐられても蹴らけられても大人しく我慢していました。

そして、今にも死にしにそうな様子よーすでやっと顔を上げるあげると、カッパは村人むらびとたちに雨ごいあまごいをさせてくれと頼んたのんだのです。

雨ごいあまごいだと? イタズラ者のお前おまえがか?!」

「そんなの、うそに決まっきまっている! また何か、イタズラをたくらんでいるに違いちがいない!」

「しかし、カッパも雨が降らふらずに困っこまっているはず」

「そうだ。カッパは水の妖怪よーかいだから、カッパが雨ごいあまごいをすれば本当に雨が降るふるかも」

村人むらびとたちはカッパに雨ごいあまごい認めるみとめると、カッパを縄でしばったまま広場ひろばのやぐらの上に連れつれて行きました。

カッパはしばられたまま、やっとの事で体を起こすおこすと、天を仰いあおい祈りいのり始めました。

「天の神さまかみさま

おら、今までに悪い事ばかりしてきた。

村の衆に、いつも迷惑めいわくをかけてきた。

だからそのつぐないに、村に雨を降らふらせてはくださらんか。

おらの命と引き替えひきかえに、村に雨を降らふらせてはくださらんか。

天の神さまかみさま、どうかお願いです」

カッパの雨ごいあまごいは、何日も何日も続きつずきました。

その間そのかん、カッパは水も飲まのまなければ、食べ物たべもの食べたべません。

すっかり弱っよわったカッパは、とても苦しそうに雨ごいあまごい続けつずけました。

神さまかみさま・・・、お願いです。どうか・・・、村に・・・、雨を、降らせふらせて・・・」

カッパの祈りいのりがあまりにも熱心ねっしんなので、いつの間にか村人むらびとたちも一緒になって雨ごいあまごい祈りいのり始めはじめました。

神さまかみさま、お願いです。どうか、村に雨を降らふらせて下さい」

神さまかみさま、お願いです。どうか、村に雨を降らふらせて下さい」

神さまかみさま、お願いです。どうか、・・・」

すると不思議ふしぎな事に、急に雨雲あまぐもがたち込めこめて、大粒おーつぶの雨がポツリポツリ降っふってきたのです。

そして雨はみるみる激しくなって、やがてザーザーと滝の様に降り出しふりだしたのです。

「カッパの雨ごいあまごいが、天に届いとどいたぞ!」

「カッパの雨ごいあまごいのおかげで、村は救わすくわれたぞ!」

それを聞いきいたカッパは、天を仰ぐあおぐと、

「・・・神さまかみさま、ありがとう」

と、激しい雨に打たうたれながら、満足そうな顔で死んしんでしまいました。

それからしばらくして、あの旅の坊さんぼーさんがまたこの村を訪れおとずれて、この事を知りしりました。

すると坊さんぼーさんは、人間にんげんになりたがっていたカッパの話を村人むらびとにしてやりました。

「カッパは、命がけいのちがけで罪ほろぼしをしたんじゃ。いつか人間にんげん生まれ変わっうまれかわって、この村にくるかもしれんなあ」

それを聞いきい村人むらびとたちは沼の近くちかくに小さなカッパの墓を立てたてて、いつまでもカッパの雨ごいあまごいの話を語りかたり伝えつたえたそうです。

おしまい


囲む
カッパ
住む
荒らす
引きずり込む
やって来る
坊さん
話す
聞く
行く
呼び出す
言う
お前
気に入る
身の上
人間
仲間
入れる
立つ
無茶苦茶
暴れる
こぼす
生まれ変わる
生きる
わかる
帰る
日照り
続く
作物
枯れる
井戸
干上がる
みんな
死ぬ
雨ごい
村人
広場
集まる
向かう
降る
一滴
降りる
やっつける
取り囲む
日頃
うらみ
腹いせ
殴る
蹴る
逃げ出す
今日
様子
上げる
頼む
決まる
イタズラ
たくらむ
違い
困る
妖怪
認める
しばる
ぐらの
連れる
起こす
仰ぐ
祈る
神さま
迷惑
かける
つぐなう
くださる
引き替える
その間
飲む
食べ物
食べる
弱る
続ける
降らせる
祈り
熱心
始める
不思議
雨雲
込める
大粒
降り出す
届く
おかげ
救う
打つ
訪れる
知る
命がけ
いつか
しれる
近く
立てる
語る
伝える

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.