muksi - story thumb

--:-- / --:--
どじょうのなべ

どじょうのなべ

日本の昔話

むかしむかし、きっちょむさんと言ういう、とんちの上手じょーずな人がいました。

ある日の事、きっちょむさんは町のとうふ屋に行っいって、とうふを一丁いっちょー買いかいました。

その帰り道かえりみち、たくさんのドジョウをつかまえた若者わかものたちがドジョウをなべに入れいれて、これからドジョウ汁を作ろつくろうとしているところに出会いであいました。

なべの中をのぞいてみると、おいしそうなドジョウがたくさん泳いおよいでいます。

(うまそうな、ドジョウだな。何とかして、あのドジョウを手に入れいれたいが。・・・そうだ!)

名案めいあん思いついおもいついたきっちょむさんは、若者わかものたちに頼みたのみました。

「すまんが、このとうふも、ついでにてもいいかな?」

「ああ、煮るにるぐらい、勝手かってにすればいい」

「それは、すまん事で」

おしゃべりに夢中むちゅー若者わかものたちは、きっちょむさんの悪だくみに気づききずきません。

きっちょむさんがとうふを入れいれてしばらくすると、なべのお湯おゆがどんどん熱くなってきました。

するとドジョウたちは熱いお湯おゆから逃れよのがれようと、きっちょむさんの入れいれた冷たいとうふに次々ともぐり込みもぐりこみました。

(よし、どんどん入れはいれよ。・・・あと、一匹だ)

きっちょむさんは、ドジョウが一匹残らのこらずとうふにもぐり込んもぐりこんだのを見届けるみとどけると、

「おおっ、そうじゃ! 急ぎいそぎの用を思い出しおもいだしたので、これで失礼する」

と、言っいって、とうふをひきあげると急いいそいで家に帰っかえっていきました。

やがて、若者わかものたちはおしゃべりを終えおえて、

「さあ、もうそろそろ、ドジョウが食べ頃たべごろになったはずじゃ」

と、なべの中をのぞきました。

するとあれほどいたドジョウが、一匹もいません。

「これは、どうした事だ?」

ドジョウが消えきえたので、若者わかものたちは不思議ふしぎでなりません。

「どうして、ドジョウが消えきえたのだ?

なべに残っのこっているのは、きっちょむさんの入れいれたとうふのかけらだけだ。

・・・ああっ! きっちょむさんにしてやられたわ!」

きっちょむさんの悪だくみに気づいきずいた時には、もう後の祭りあとのまつりでした。

おしまい


言う
上手
ょむさんは
行く
一丁
買う
帰り道
たくさん
ドジョウ
つかまえる
若者
入れる
作る
出会う
のぞく
泳ぐ
名案
思いつく
頼む
ついで
煮る
勝手
夢中
気づく
お湯
逃れる
もぐり込む
入る
残る
見届ける
おおう
急ぎ
思い出す
ひきあげる
急ぐ
帰る
終える
食べ頃
ほどく
消える
不思議
後の祭り

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.