muksi - story thumb

--:-- / --:--
雷さまの病気

雷さまの病気

日本の昔話

むかしむかし、下野の国(しもつけのくに→栃木とちぎ県)の粕尾(かすお)と言ういう所に、名の知れしれ医者いしゃとしても有名ゆーめい

和尚わじょー

(おしょう)さんが住んすんでいました。

夏の昼さがりの事、和尚わじょーさんは弟子でし小坊主こぼーず連れつれ病人びょーにんの家から帰るかえる途中とちゅーでした。

和尚わじょーさま、今日きょーもお暑い事で」

「まったくじゃ。しかも蒸し暑くて、汗が乾かかわかん」

二人は汗をふきながら歩いあるいていましたが、突然、ポツリポツリと雨が降りふり始めて、みるみるうちに水おけをひっくり返しひっくりかえした様な夕立ゆーだちになってしまいました。

急げいそげ!」

「はい」

大雨おーあめと一緒に、いなびかりが走りはしりました。

ゴロゴロゴロー!

「きゃー、かみなり! 和尚わじょーさま、助けたすけてー!」

「これっ、大事だいじな薬箱を放り出すほーりだす奴があるか!」

「すみません。でもわたくしは、かみなりが大嫌いだいきらいなもので」

ゴロゴロゴローッ!

ドカーン!!

すぐ近くちかくの木に、かみなりが落ちおちたようです。

「わーっ! 和尚わじょーさま!」

「だから、薬箱を放り出すほーりだすな!」

和尚わじょーさんは怖がるこわがる小坊主こぼーず引きずっひきずって、やっとの事で寺へ帰っかえってきました。

和尚わじょーさま。早く雨戸あまど閉めしめてください」

小坊主こぼーず言いいいますが、和尚わじょーさんはいなずまが光るひかる空をじっと見上げみあげています。

「ほほう。このかみなりさんは、病気にかかっておるわい」

「へっ? 和尚わじょーさまは、かみなりの病気までわかるのですか?」

「うむ、ゴロゴロという音でな」

さすがは、天下てんか名医めいいです。

その夜、ねむっている和尚わじょーさんの枕元まくらもとに、こっそりと忍び寄っしのびよった者がいます。

それはモジャモジャ頭から二本のツノを生やしはやし、トラ皮のパンツをはいた

かみなりさま

でした。

でも、何だか元気げんきがありません。

和尚わじょーさんのそばに座っすわって、

「・・・ふーっ」

と、ため息をついているのです。

それに気づいきずい和尚わじょーさんは薄目うすめ開けあけ様子よーすていましたが、やがて先に声をかけました。

「どうかしたのか? 何か、お困りこまりの様じゃが」

和尚わじょーさんが声をかけると、かみなりさまは和尚わじょーさんの前にガバッとひれふしました。

「わ、わしは、かみなりでござる」

見れみればわかる。それで、何か用か?」

かみなりさまは、涙を流しながしながら言いいいました。

「この二、三日、具合ぐあいがおかしいのです。どうか、わしの病を治しなおしてくだされ。お願いします」

「やっぱりのう」

「それでその・・・、天下てんか名医めいいともなれば、お代おだいはお高いでしょうが。こんな物で、いかがでしょうか?」

かみなりさまはそう言っいって、小判こばんを三枚差し出しさしだしました。

しかし和尚わじょーさんは、知らん顔しらんかおです。

「えっ! これでは、たりませぬか」

かみなりさまは、小判こばんを五枚差し出しさしだしました。

すると和尚わじょーさんはその小判こばんをちらりとて、『ふん!』と鼻で笑いわらいました。

「わしの治療代は、うーんと高いのじゃ」

「そうでございましょう。何しろ、天下てんか名医めいいでございますし。それではさらに、小判こばんを追加して」

「いやいや。金の話は後にして、まずはそこへ横になりなさい」

「えっ、てくださるんですか!」

かみなりさまは、大喜びよろこびです。

和尚わじょーさんは腕まくりうでまくりをすると、かみなりさまの体を力一杯押しおしたり、もんだりして調べしらべます。

「ひゃー! ひぇー!うひょー! 痛い痛い! 助けたすけてくれ~!」

かみなりさまは、あまりの痛さに大声おーごえをあげました。

その大声おーごえ驚いおどろいて、小坊主こぼーず部屋へやのすみで震えふるえています。

「これ、小坊主こぼーず

そんなところで、何をしておる。

今度こんどはお灸(きゅう)をするから、早く道具どーぐ持っもってまいれ!」

急に声をかけられて、小坊主こぼーずはビックリです。

和尚わじょーさま。

何で、かみなりなんぞの病気を診るみるのですか!

かみなりは怖いから、嫌です!」

「何を言ういうとる!

さあ、お前おまえもお灸の手伝いてつだいをしろ!」

和尚わじょーさま。

あんな人迷惑めいわくなかみなりなぞ、いっそ死んしんでいただいた方がよいのでは」

「ばっかも~ん!!

どんな者の病気でも診るみるのが、医者いしゃのつとめじゃ!」

「うぅー、わかりました」

和尚わじょーさんは小坊主こぼーずからお灸を受け取るうけとると、かみなりさまにお灸をすえました。

「うお~っ、あちちち、助けたすけて~!」

あまりの熱さに、かみなりさまは大暴れです。

ところがお灸が終わっおわったとたん、かみなりさまはニッコリ笑いわらいました。

「おおっ! 痛みいたみがなくなった。体が軽くなった。お灸をすえたら、もう治っなおったぞ!」

さすがは、天下てんか名医めいい

「ありがとうございました! ・・・で、お代おだいの方は、さぞお高いんでしょうなぁ」

「治療代か? 治療代は、確かたしかに高いぞ。・・・じゃが、金はいらん」

「じゃあ、ただなんですか!?」

「いいや、金の代わりかわりに、お前おまえにはしてもらいたい事が二つふたつある。

一つひとつは、この粕尾(かすお)では、かみなりがよく落ちおちて、人が死んしんだり家が焼けやけたりして困っこまっておる。

これからは、決してかみなりを落とさおとさない事」

「へい、へい、それは、おやすい事で」

二つふたつ目は、この辺りあたり流れるながれる尾川おがわの事じゃ。

尾川おがわは、大雨おーあめ降るふるたびに水があふれて困っこまっておる。

川が、村の中を流れながれておるためじゃ。

この川の流れながれを、村はずれに変えかえてほしい。

これが、治療代の代わりかわりじゃ。

どうだ? 出来るできるか?」

「へい。そんな事でしたら、このかみなりにお任せまかせくだせえ」

どんな無茶を言わいわれるかと心配していたかみなりさまは、ホッとして言いいいました。

「それではまず、粕尾の人たちに、お札おさつ配っくばってください。

お札おさつを家の門口かどぐちに、はってもらうのです。

それから粕尾川おがわですが、流れながれ変えかえてほしい場所ばしょに、さいかち(→マメ科の落葉高木たかぎ)の木を植えうえてください。

そうすれば、七日のうちにはきっと。

・・・では、ありがとうございます」

かみなりさまはそう言ういうと、天に登っのぼってしまいました。

和尚わじょーさんは、さっそく村人むらびとたちをお寺おてら集めあつめお札おさつ配りくばりました。

そして山のふもとの目立つめだつ位置に、さいかちの木を植えうえました。

さて、その日はとても良い天気てんきでしたが、にわかに黒雲くろくもわき起こっわきおこったかと思うおもうといなずまが光りひかり、ザーザーと激しい雨が降り出しふりだしました。

まるで、天の

井戸いど

(いど)がひっくり返っひっくりかえった様な大夕立ゆーだちです。

村人むらびとたちは和尚わじょーさんから頂いいただいお札おさつをはって雨戸あまど閉めしめて、雨が止むやむのをジッと待っまっていました。

こうしてちょうど七日目、あれほど激しかった大雨おーあめがピタリと止んやんだのです。

雨戸あまど開けるあける黒雲くろくもはなくなり、太陽たいよーが顔を出しだしています。

不思議ふしぎな事に、あれだけの大雨おーあめにもかかわらず、かみなりは一つひとつ落ちおちませんでした。

「あっ、あれを見ろみろ!」

村人むらびと指さすゆびさすを方を見るみると、昨日きのーまで流れながれていた粕尾川おがわがきれいに干上がりひあがり流れながれ変えかえて、さいかちの木のそばをゆうゆうと流れながれているではありませんか。

これでもう、村に洪水こーずい(こうずい)が起こるおこる心配はなくなりました。

かみなりさまは、和尚わじょーさんとの約束を果たしはたしたのです。

それからというもの、粕尾の里では落雷の被害ひがいは全くなくなったという事です。

おしまい


栃木
言う
知れる
医者
有名
和尚
住む
さがる
弟子
小坊主
連れる
病人
帰る
途中
今日
乾く
歩く
降る
おける
ひっくり返す
夕立
急ぐ
大雨
びかりが
走る
助ける
大事
放り出す
わたくし
大嫌い
カーン
近く
落ちる
怖がる
引きずる
雨戸
閉める
光る
見上げる
かかる
わかる
天下
名医
ねむる
枕元
忍び寄る
モジャモジャ
生やす
パンツ
元気
座る
気づく
薄目
開ける
様子
見る
かける
困る
ガバッ
ひれふす
流す
具合
治す
お代
いかが
小判
差し出す
知らん顔
ませる
笑う
いやいや
診る
喜び
腕まくり
押す
調べる
あまり
大声
あげる
驚く
部屋
震える
今度
きゅう
道具
持つ
お前
手伝い
迷惑
死ぬ
つとめる
受け取る
すえる
終わる
おおう
痛み
なくなる
治る
確か
代わり
二つ
一つ
焼ける
落とす
辺り
流れる
尾川
あふれる
流れ
はずれ
変える
出来る
任せる
くだせる
お札
配る
門口
場所
さいかち
高木
植える
登る
村人
お寺
集める
ふもと
目立つ
天気
黒雲
わき起こる
思う
降り出す
井戸
ひっくり返る
頂く
止む
待つ
太陽
出す
不思議
かかわる
指さす
昨日
きれい
干上がる
洪水
起こる
果たす
被害

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.