muksi - story thumb

--:-- / --:--
おばあさんの家

おばあさんの家

世界の昔話

むかしむかし、海を見おろすみおろす丘の上の小さな家で、貧乏びんぼー(びんぼう)なおばあさんが一人ぼっちひとりぼっち住んすんでいました。

おばあさんは体が悪くて、何年もたきりでした。

「暗くなってきたわ。日が暮れるくれるのかしら?」

おばあさんは、海をました。

「おや? あの雲(くも)・・・」

水平すいへい線の上に、黒い小さい雲が浮かんうかんでいます。

「おじいさんが、よく雲の話をしてくれたけれど」

なくなったおじいさんは船乗りふなのりで、大きい船に乗っのっ世界中せかいじゅー回っまわっていたのです。

おばあさんは、ハッとしました。

「たいへん! あの雲はあらしの前ぶれ。もうすぐ恐ろしいあらしが、大波おーなみをつれて押し寄せおしよせてくるわ。町の人に早く知らせしらせないと」

おばあさんはなんとかして、少しでも早く町の人たちに知らせしらせなければと思いおもいました。

でも体の悪いおばあさんには、町まで行くいく力がありません。

おばあさんはベッドからずり落ちるずりおちると、動かうごかない体を引きずっひきずって窓の所まではっていきました。

「町の人たち! あらしが来るくるよ、早く逃げにげて!」

おばあさんは、窓につかまってさけびました。

でも誰も、おばあさんの声に気がついきがついてくれません。

そうしているうちにも、雲はまっ黒まっくろにふくれあがってきました。

もうすぐ山のような大波おーなみが、町の人たちをのみ込むのみこむでしょう。

「ああ、どうしたらいいんだろう?」

おばあさんは、自分じぶん部屋へや見回しみまわしました。

「そうだわ! ベッドに火をつけましょう。この家が燃えれもえれば、町の人たちも気づくきずくはず」

おばあさんはストーブの火をとってきて、ベッドのワラにつけました。

ワラはたちまち、真っ赤まっか燃え上がりもえあがりました。

燃えもえておくれ! 大きく燃え上がっもえあがって、町の人たちを呼んよんでおくれ!」

おばあさんは、何とか家の外へはい出しはいだしました。

ベッドの火は強くなってきた風にあおられて、メラメラと屋根やね燃えもえうつりました。

火事かじだ! 丘の上の家が燃えもえてるぞ!」

町の人たちが、火事かじ気づいきずいてさけびました。

火事かじだ! 火事かじだ!」

「あの家には、病気のおばあさんが一人でているんだ!」

「早く助けたすけ行こいこう!」

町の人たちはみんな、丘へ向かっむかってかけ出しだしました。

「おばあさん、大丈夫だいじょーぶか!」

町の人たちがやって来るやってくると、おばあさんは海を指さしゆびさし言いいいました。

大波おーなみ来るくるよ! みんな、はやく逃げるにげるんだ」

「えっ! 大波おーなみが!?」

てみると海の上は真っ黒まっくろで、おそろしい風がうなり、山のような大波おーなみが姿を現しあらわしました。

大変たいへんだ! みんなをこの丘に連れつれてくるんだ!」

町に住むすむ最後さいごの一人が丘の途中とちゅーまでかけあがったとき、真っ黒い大波おーなみが町をのみ込みのみこみました。

そのようすを、町の人はふるえながらていました。

「おばあさんが、わたしたちを助けたすけてくれたんだ!」

自分じぶんのベッドや、家まで焼いやいて」

「ありがとう。ありがとう」

みんなの目に、うれし涙が光りひかりました。

おばあさんの目にも、同じ涙が光っひかっていました。

おしまい


見おろす
貧乏
おばあさん
一人ぼっち
住む
寝る
暮れる
見る
水平
浮かぶ
おじいさん
なくなる
船乗り
乗る
世界中
回る
あらし
大波
つれる
押し寄せる
知らせる
思う
行く
ベッド
ずり落ちる
動く
引きずる
来る
逃げる
つかまる
さけぶ
気がつく
まっ黒
ふくれあがる
のみ込む
自分
部屋
見回す
つける
燃える
気づく
ストーブ
真っ赤
燃え上がる
おくる
呼ぶ
はい出す
あおる
メラメラ
屋根
うつる
火事
助け
みんな
向かう
出す
大丈夫
やって来る
指さす
言う
真っ黒
うなる
現す
大変
連れる
くるむ
最後
途中
かける
あがる
ふるう
助ける
焼く
光る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.