muksi - story thumb

--:-- / --:--
亡霊の果し合い

亡霊の果し合い

百物語

むかしむかし、根来ねごろ三郎さぶろー(ねごろせんざぶろう)という、剣術けんじゅつ優れすぐれた若い侍がいました。

ある秋の日の事、仙三郎さぶろー(せんざぶろう)は、ふとした事から友だちともだち松山まつやま新五郎しんごろー(まつやましんごろう)と口論(こうろん)を始めはじめました。

「だから、お前おまえの方が悪い」

「いいや、悪いのはお前おまえの方だ」

二人は言い張っいーはって、お互いおたがいにゆずりません。

そしてとうとう、二人は果し合いはたしあい(はたしあい→決闘)とする事になったのです。

明日あしたの辰の刻(たつのこく→朝の八時ごろ)。あかねが原に来いこい

「よしっ。キッパリとかたをつけよう」

その夜、仙三郎さぶろーは机に向かっむかって本を読んよんでいましたが、頭の中は明日あした果し合いはたしあいの事でいっぱいです。

(なぜ、あいつは自分じぶん間違いまちがい認めみとめないのだ? あいつが意地いじ張るはるせいで、長年ながねんの友を失ううしなう事になったではないか)

そんな事を考えかんがえていると、ふと庭に人の気配けはい感じかんじました。

(もしや、あいつが謝りあやまりたのか?)

三郎さぶろーが庭の茂みしげみに目を向けるむけると、茂みしげみのかげに怪しい二つふたつの影が動いうごいていました。

「なに奴だ!」

三郎さぶろーは刀を取るとると、縁側えんがわ立ったっ叫びさけびました。

しかし二つふたつの影は答えこたえず、お互いおたがい争っあらそっている様子よーすです。

月明かりつきあかりをたよりに仙三郎さぶろーが目を凝らすこらすと、それは刀を抜いぬい戦ったたかっている二人の武士ぶしでした。

それもよろいかぶとに身をかためた武士ぶしで、かぶとの下から見えるみえる顔は死人しにんの様に青白いものでした。

年はまだ若いようですが、体はまるで骨だけのようです。

二人は、いくたびも刀を合わせあわせます。

やがて一方いっぽー力尽きちからつきて、よろめきながら倒れたおれました。

しかしすぐに不思議ふしぎな力で突き上げつきあげられる様に起き上がりおきあがり、また相手あいて切りつけきりつけます。

そして相手あいて武士ぶし倒れるたおれると、これまた不思議ふしぎな力で突き上げつきあげられる様に起き上がりおきあがり相手あいて切りつけきりつけていきます。

そんな事が、二人の間で何度も何度も続けつずけられました。

そのうちに、一人の武士ぶし言いいいました。

「ああ、おれはもう駄目だめだ」

「おれも駄目だめだ。お前おまえ殺すころすくらいなら、おれが死んしんだほうがましだ」

「いや、死ぬしぬならおれが死のしのう。だが、この刀が、この刀が」

「そうだ。どうしても、刀が手から離れはなれぬのだ」

「おれたちはきっと、この刀の

亡霊ぼーれい

(ぼうれい)にとりつかれているのだろう」

「刀の亡霊ぼーれいめ。なぜおれを苦しめるくるしめる。いや、おれたち二人を苦しめるくるしめるのだ」

「刀めっ」

「にっくき、刀めっ」

「こんな事なら、あんな口論など、しなければよかった」

「そうだ。つまらぬ事で果し合いはたしあいをしたから、刀の亡霊ぼーれいにとりつかれたのだ」

二人の武士ぶしはうめく様に言っいって、なおも戦いたたかい続けつずけました。

それをていた仙三郎さぶろーは、思わず叫びさけびました。

「やめろーっ!」

そして自分じぶんの大きな声に、仙三郎さぶろーはハッと我に返りかえりました。

「・・・ゆっ、夢か」

あくる朝、仙三郎さぶろー急いいそい新五郎しんごろー屋敷やしきをたずねると、新五郎しんごろー真っ青まっさおな顔でてきました。

「おい、どうかしたのか? 顔色かおいろが悪いぞ!」

「おお、仙三郎さぶろーか。よくてくれた。実はおれも、お前おまえの家へ行こいこうと思っおもっていたところなんだ」

話を聞くきくと、新五郎しんごろーも仙三郎さぶろーと同じ様に、刀の亡霊ぼーれいにとりつかれた二人の武士ぶしの夢をていたのです。

二人は二人ともが同じ夢をいた事いたこと驚きおどろきましたが、やがてどちらからともなく言いいいました。

今回こんかいの事は、わたしが悪かった。謝るあやまるから許しゆるして欲しい」

「いや、わしの方こそ悪かった。謝るあやまるのはわしの方だ」

二人の若い侍は手を握りにぎり合って、仲直りしたそうです。

おしまい


根来
三郎
ざぶろう
剣術
優れる
友だち
松山
新五郎
こうる
始める
お前
言い張る
お互い
ゆずる
果し合い
しあい
明日
あかね
来る
つける
向かう
読む
あいつ
自分
間違い
認める
意地
張る
長年
失う
考える
気配
感じる
謝る
茂み
向ける
かげる
二つ
動く
取る
縁側
立つ
叫ぶ
答える
争う
様子
月明かり
たより
凝らす
抜く
戦う
武士
よろいかぶと
かためる
見える
死人
合わせる
一方
力尽きる
よろめく
倒れる
不思議
突き上げる
起き上がる
相手
切りつける
続ける
言う
駄目
殺す
死ぬ
離れる
亡霊
とりつく
苦しめる
つまる
うめく
戦い
見る
やめる
返る
急ぐ
屋敷
たずねる
真っ青
出る
顔色
行く
思う
聞く
いた事
驚く
どちら
今回
許す
握る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.