muksi - story thumb

--:-- / --:--
コルニーユじいさんの秘密

コルニーユじいさんの秘密

世界の昔話

むかしむかし、平和へいわで楽しい村がありました。

村の人たちはみんな仲良しなかよしで、日曜日にちよーびには教会きょーかい集まりあつまり、おいのりした後には歌っうたったりおどったりします。

畑仕事も、力を貸しかし合います。

村の人たちは、いつもみんなが幸せしあわせでいられるように考えかんがえ暮らしくらしていたのでした。

そして畑でとれたムギは粉ひき小屋こや持っもって行き、粉にしてパンを作っつくっ焼いやい食べたべました。

この村にはたくさんの粉ひき小屋こやがあって、大きな

風車かざぐるま

(ふうしゃ)がクルクルと風に回りまわり、村の人たちの歌にあわせるように、ゴトンゴトンと粉ひきうすが音を立てたてていました。

コルニーユじいさんも、粉ひき小屋こやで孫のビベットと元気げんきよく働いはたらいていました。

コルニーユじいさんは粉ひきの仕事が大好きだいすきで、六十年もこの仕事をしているのに、いつでも大はりきりです。

ところがこの村に、粉ひき工場こーじょー出来できたのです。

工場こーじょーにムギを持っもって行くと、あっという間に機械きかい(きかい)で粉にしてくれます。

村の人たちはその方が早くパンを作れるつくれるので、だんだんムギを工場こーじょー持っもって行くようになりました。

村にたくさんあった粉ひき小屋こやは、一つひとつまた一つひとつと、うすをまわすのをやめてしまいました。

ムギを持っもって来てくれる人がいなければ、仕事にならないからです。

それで粉ひき小屋こやはとりこわされ、次々と畑に変わっかわっていきました。

まるで風車かざぐるまの村だったのに、とうとう風車かざぐるま一つひとつだけになってしまいました。

それは、コルニーユじいさんの風車かざぐるまです。

コルニーユじいさんは、

風車かざぐるまがクルクルまわって、うすがゴトンゴトンと音を立てたてて粉を作るつくるのさ。その粉で作っつくったパンでなきゃ、うまいはずがない」

と、ブツブツ一人言を言っいっ歩くあるくようになりました。

それをた村の人たちは、

「かわいそうに。仕事がなくてコルニーユじいさん、頭がおかしくなったのかねえ」

と、うわさしました。

コルニーユじいさんが何を考えかんがえているのか、孫のビベットにもわからなくなりました。

だって、あんなに可愛がってくれていたのに、

「ビベット、わしは一人で暮らしくらしたくなった。お前おまえは、て行ってくれ。そしてもう二度と、ここへは来るくるな」

と、いきなりそう言っいったのですから。

ビベットは追い出さおいだされるように粉ひき小屋こやて、村のすみの小さな家で暮らすくらすようになりました。

コルニーユじいさんの暮らしくらしは、誰がてもひどいものでした。

やせこけて服はボロボロ、クツも穴が開いひらいているのを、何ヶ月もはいているのです。

けれど不思議ふしぎな事に風車かざぐるまは前と同じ様に、クルクルと楽しそうにまわっています。

それにコルニーユじいさんは朝になると

ロバ

連れつれて村をて行き、帰りかえりにはふくらんだ袋をロバの背中せなかにつんでいるのでした。

「コルニーユじいさん、急がしいそがしそうだね」

村の人が声をかけると、コルニーユじいさんはニコニコ笑っわらっ答えこたえます。

「ああ、隣(となり)の村やその向こうむこーの村から、いっぱい注文(ちゅうもん)があってね」

「そうかい、大変たいへんだね」

村の人たちはそう言っいったあと、みんな心の中で思いおもいました。

(そんなにもうかっているのなら、服やクツを買いかいかえればいいのに)

ビベットも、もちろんそう思いおもいました。

でも様子よーす行っいっても、コルニーユじいさんはドアにカギをかけて、中には入れいれてはくれません。

ビベットはそんなに忙しくく働いはたらいているおじいさんの体が、心配でたまりませんでした。

だから断らことわられても、断らことわられても、会いあい行きいきました。

そんなある日の事、ビベットは友だちともだち男の子おとこのことコルニーユじいさんの粉ひき小屋こや行きいきました。

おじいさんは、留守でした。

ビベットと男の子おとこのこははしごにのぼり、開いひらいている窓から中に入っはいってみる事にしました。

そして二人は、粉ひき小屋こやの中で、

「あっ!」

と、言っいったまま、立ちつくしたちつくしてしまいました。

なんと粉ひきうすの中にはムギ一粒なく、ただ風車かざぐるまが風にクルクルとまわっているだけだったのです。

それに小屋こやのすみに転がっころがっている袋には、ムギではなく土が入っはいっていたのです。

「これ、おじいちゃんがロバに乗せのせ持っもって来る袋よ」

「ビベット。君のおじいさんは、ムギをひくよう頼またのまれているふりをしていたんだね。どんなに貧乏びんぼーになっても、粉ひきをしたかったんだね」

「かわいそうな、おじいちゃん」

ビベットは、ポロポロと涙を流しながしました。

そして二人は粉ひき小屋こや出るでると、村の人たちに粉ひき小屋こやて来た事を話しはなしました。

村の人たちは誰もが目に涙をためて、うなづきました。

「そう言えいえば、工場こーじょー出来できてから村は変わっかわったわ」

「コルニーユじいさんの気持ちきもちを、考えかんがえてあげることもしなかったよ。気の毒きのどくな事をした」

村の人たちはムギを袋につめて、コルニーユじいさんの粉ひき小屋こや向かいむかいました。

コルニーユじいさんは、もう動くうごく力もなくて小屋こやの前でションボリと座っすわっていました。

「なあ、コルニーユじいさん。家のムギを、粉にしとくれよ」

「家もだ。家のムギもたのむ」

「やっぱりパンは、風車かざぐるま作っつくったパンが一番いちばんうまいからな」

村の人たちが次々に袋を差し出すさしだすと、コルニーユじいさんの目はたちまち輝きかがやきました、

「おおっ! ムギかい! ムギだな! 待っまっていろよ、とびきりおいしい粉を作っつくってやるからな」

おしまい


平和
みんな
仲良し
日曜日
教会
集まる
歌う
おどる
貸す
幸せ
考える
暮らす
とれる
小屋
持つ
作る
焼く
食べる
たくさん
風車
回る
あわせる
ゴトンゴトン
立てる
コルニーユ
じいさん
ビベット
元気
働く
大好き
はりきる
工場
出来る
機械
作れる
一つ
まわす
やめる
とりこわす
変わる
まわる
言う
歩く
見る
かわいそう
わかる
お前
出る
来る
追い出す
暮らし
やせこける
ボロボロ
開く
不思議
連れる
帰り
ふくらむ
背中
急がす
かける
笑う
答える
向こう
ゅうもん
大変
思う
もうかる
買う
かえる
様子
行く
入れる
くれる
おじいさん
たまる
断る
会う
友だち
男の子
はしご
のぼる
入る
立ちつくす
転がる
おじいちゃん
乗せる
頼む
貧乏
流す
話す
ためる
うなづく
気持ち
気の毒
つめる
向かう
動く
ションボリ
座る
たのむ
一番
差し出す
輝く
おおう
待つ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.