muksi - story thumb

--:-- / --:--
なべのふた

なべのふた

日本の民話

むかしむかし、ニシンで大漁たいりょー捕れるとれることでさかえた北海道ほっかいどー江差えさし(えさし→北海道ほっかいどーおしま半島はんとー日本にっぽん海岸かいがんにある港町みなとちょー)に、しげ次郎じろーという、とんちのきく男がいました。

ある日の事、しげ次郎じろーお腹おなか空かしすかして町を歩いあるいていくと、イモをているおいしそうなにおいがただよってきました。

「おや? どこの家でているんだ?」

においをたどっていくと、知り合いしりあいの家の前にました。

(こいつはいい。うまいことして、イモを食っくってやろう)

そう考えかんがえたしげ次郎じろーは、

「やあやあ、今日きょーはお天気てんきも良くて、気持ちきもちが良いですな」

と、あいさつをしながら、知り合いしりあいの家に近づいちかずいていきました。

しげ次郎じろー気がついきがついたこの家のおかみさんは、しげ次郎じろーにイモを食べたべられては大変たいへんと、ナベにふたをして知らん顔しらんかおです。

しげ次郎じろーは少し声をひそめて、おかみさんに言いいいました。

「実はさっきな、アミ元の家の隣で、ものすごい夫婦ふーふげんかがあったんだ。これがひでえのなんの、こんなすごいけんかはたことがねえ」

するとおかみさんが、話しはなし興味きょーみ持っもっ聞きききました。

「ほう、そうね。して、どんなようすだったね?」

しげ次郎じろーはニヤリと笑うわらうと、話を続けつずけました。

「まずは、親父おやじさんがてんびん棒をふりあげて、母ちゃんかーちゃんになぐりつけた」

「そっ、それで?」

「ところが、母ちゃんかーちゃん負けまけてはいない。そばにあったナベのふたをパッと取っとって、てんびん棒をガチンと受け止めうけとめたんだ」

しげじろうはそう言いいいながら、ナベのふたを取りとりました。

ナベの中では、イモがおいしそうに煮えにえています。

「ありゃ、イモをにてたのか。

あっ、そうそう、それでな。

その母ちゃんかーちゃんも、イモをておってな。

親父おやじのてんびん棒をナベのふたで受け止めうけとめておいて、もう片方かたほーの手でナベのイモを親父おやじの口ヘ『むぎゅーっ!』て、押し込んおしこんだんだ。

すると親父おやじは、『あちちち。むぎゅーっ! あちちち、むぎゅーっ、あちちちっ・・・』」

しげ次郎じろーは次々にイモを自分じぶんの口へ押し込んおしこんで、残らず食べたべてしまいました。

「はい、ごちそうさん。これが夫婦ふーふげんかのようすさ」

そう言っいっ腹一杯はらいっぱいにイモを食べたべたじげ次郎じろーは、どこかへ行っいってしまいました。

おしまい


ニシン
大漁
捕れる
さかえる
北海道
江差
半島
日本
海岸
港町
次郎
お腹
空かす
歩く
煮る
におい
ただよう
たどる
知り合い
出る
こいつ
まいこ
食う
考える
今日
天気
気持ち
近づく
気がつく
かみさん
食べる
大変
知らん顔
ひそめる
おかみ
言う
夫婦
けんか
見る
話す
興味
持つ
聞く
すだつ
笑う
続ける
親父
母ちゃん
なぐりつける
負ける
取る
ガチン
受け止める
じろう
煮える
片方
押し込む
自分
腹一杯
行く

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.