muksi - story thumb

--:-- / --:--
お茶のポット

お茶のポット

世界の昔話

「こんにちわ。

私はお茶おちゃのポットです。

私は陶器とーき(とうき)で出来できていますのよ。

注ぎそそぎ口は、細くて長くてすてきでしょう。

いつでしたか、どなたかがバレリーナのうでのようと、ほめてくださいましたわ。

とってのはばの広さは、どう思いおもいまして?

何と申しもーしましても、陶器とーきは私のように上品じょーひん(じょうひん)で、しかもおしゃれでなくては。

何しろ私は、一流いちりゅー(いちりゅう)の職人しょくにん(しょくにん)さんが、それはそれはていねいに作っつくってくださいましたのよ」

屋敷やしき台所だいどころで、お茶おちゃのポットはいつもじまんしていました。

でも聞かさきかされるクリーム入れやさとう入れは、ほめるよりも、もっと別の事をよく言いいいました。

「ところで、ポットさんのフタはどうされました?」

その事を言わいわれると、ポットはだまってしまいます。

フタは前に一度こわされてつぎはぎにされ、つぎ目があるのです。

「そうね。

誰でも悪いところに、目が行くいくものよね。

でも何と言わいわれても、私はテーブルの上の女王じょおーよ。

だって、のどがかわいている人間にんげんを、助けたすけてあげることが出来るできるんですもの。

この注ぎそそぎ口が、女王じょおーのしょうこよ。

クリーム入れもさとう入れも、言っいってみれば家来けらいじゃないの」

そんな、ある日の事。

食事の時に誰かだれかがポットを持ちもちあげたひょうしに、床に落としおとしてしまったのです。

ポットは床で音をたてて、コナゴナになってしまいました。

「それから私は、貧しい家の人にもらわれて行きましたの。

そこで土を入れいれられ、球根きゅーこん(きゅうこん)をうめられましたわ。

私は、うれしく思いおもいました。

なぜって、球根きゅーこんは私の体の中でグングンと元気げんき育ちそだち、芽(め)を出しだしたのです。

そして朝をむかえるたびに大きくなり、ある朝、見事みごとな花が咲きさきましたの。

花は、娘のようなもの。

まあ、お礼はもうしてくれませんでしたが、私は幸福こーふくでしたわ。

家の人たちは花をて、その美しさをほめてくれました。

誰かを生かすいかすために自分じぶんの命を使うつかうって、うれしいことです。

そのとき初めて、そう思いおもいました。

でも、家の人たちは『こんなきれいな花は、もっとすてきな植木うえきばちに植えうえた方がいいね』と、花を連れつれて行き、私を庭のすみに放りほーり投げなげましたの。

でも、私をかわいそうなどと思わおもわないでくださいね。

ええ、私には思い出おもいでが、たくさんあるのですから。

これだけは誰にもこわしたり、放りほーり投げなげたり出来できませんのよ」

おしまい


お茶
ポット
陶器
とうき
出来る
注ぐ
すてき
どなた
バレリーナ
ほめる
思う
申す
上品
ょうひん
おしゃれ
一流
りゅう
職人
ょくにん
ていねい
作る
屋敷
台所
聞かす
クリーム
さとう
言う
だまる
こわす
行く
テーブル
女王
かわく
人間
助ける
家来
誰か
持つ
ひょう
落とす
たてる
コナゴナ
もらう
入れる
球根
きゅう
うめる
元気
育つ
出す
むかえる
見事
咲く
もうす
幸福
見る
生かす
自分
使う
きれい
植木
植える
連れる
放る
投げる
かわいそう
思い出
たくさん

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.