muksi - story thumb

--:-- / --:--
麦の粉

麦の粉

日本の昔話

むかしむかし、吉四六さんと言ういう、とてもゆかいな人がいました。

ある時、吉四六さんは町へ野菜やさい売りうり行きいきましたが、どうしたわけか、その日はなかなか売れうれません。

野菜やさいはいりませんか? 取り立てとりたてのこまつ菜に、ほうれん草ほーれんそーもありますよ」

すると吉四六さんに、声を掛けるかける者がありました。

「おーい、吉四六さん、吉四六さん」

見るみると、顔見知りかおみしり粉屋こなや主人しゅじんです。

「はい。何か用ですか?」

「実はその野菜やさいを、全部ぜんぶ買っかってやろうと思っおもってな」

「へい、それはどうも、ありがとうございます」

「ただし、買うかうといってもお金おかねじゃない。麦の粉と交換してもらいたいのだが」

「いいですよ。ところで麦の粉は、どれほどありますか?」

待てまて待てまて、それには、こちらから注文がある。

もしお前おまえさんが、その野菜やさい入れいれてあるざるに、紙も布も木の葉このはもしかずに、麦の粉がもらぬようにかついでいけたら、両方りょーほーのざるにいっぱいやろう」

それを聞いきいた吉四六さんは、粉屋こなや主人しゅじんがとんち勝負をしようとしているのがわかりました。

(なるほど、とんち勝負なら受けうけてやろう)

吉四六さんには望むのぞむところですが、穴のたくさん開いひらいているざるで粉を運ぶはこぶのは、かなりの難問なんもんです。

「はっはっはっ。どうだね吉四六さん、さすがのあんたでも、これには参っまいっただろう」

粉屋こなや主人しゅじん得意とくいそうですが、でも吉四六さんは、しばらく考えるかんがえるとニッコリ笑いわらいました。

「へい、ではこぼれぬように、いただいてまいります。ちょっと、井戸いど借りかりますよ」

吉四六さんは空になった両方りょーほーのざるを持っもっ井戸いど行くいくと、それに水をかけて帰っかえって来ました。

「さあ、今からこのざるに、粉を入れいれますね」

「えっ? そんな事をしたら、粉がこぼれて」

粉屋こなや主人しゅじん不思議ふしぎそうな顔をしている前で、吉四六さんは濡れぬれたざるに麦の粉を山盛りに入れいれました。

そして吉四六さんがてんびん棒の両端りょーたんにざるを引っかけひっかけ持ち上げるもちあげると、ざるからは一粒の粉ももれません。

「こりゃまた、どういう事だ?」

頭を傾げるかたげる主人しゅじんに、吉四六さんは説明しました。

「こうしてざるを濡らしぬらしてから粉を入れるいれると、うまい具合ぐあいに底の方の粉が固まっかたまって、ざるの目をふさいでくれるのです。

それに今、ざるを良く洗っあらってきたから、ざるの目に詰まっつまった分も乾かせかわかせばそのまま使えつかえます」

「なるほど」

「では、粉をありがとうさんでした」

そう言っいっ帰ろかえろうとする吉四六さんを、粉屋こなや主人しゅじんがあわてて引き止めひきとめました。

「ま、待っまってくれ! 麦の粉をざるいっぱい持っもって行かれては大損おーぞんだ! 野菜やさいは倍の値段ねだん買うかうから、粉を返しかえしてくれ」

吉四六さんは、心の中でニンマリ笑うわらうと、

(それは助かったすかった。こんなに重い粉を持っもっ帰るかえるのは、一苦労だからな)

と、思いおもいつつも、粉屋こなや主人しゅじんには、いかにも仕方しかたないという顔で言いいいました。

「やれやれ、それでは野菜やさい全部ぜんぶで五十文なので、倍の百文もらいますよ」

こうして吉四六さんは空のざるをかついで、ほくほく顔で帰っかえって行きました。

おしまい


言う
かいな
野菜
売る
行く
売れる
はいる
取り立て
ほうれん草
掛ける
見る
顔見知り
粉屋
主人
全部
買う
思う
お金
待てる
待つ
こちら
お前
入れる
木の葉
かつぐ
両方
聞く
わかる
受ける
望む
たくさん
開く
運ぶ
かなり
難問
あんた
参る
得意
考える
笑う
こぼれる
いただく
井戸
借りる
持つ
かける
帰る
不思議
濡れる
両端
引っかける
持ち上げる
もれる
傾げる
濡らす
具合
固まる
ふさぐ
洗う
詰まる
乾かす
使える
とうさん
あわてる
引き止める
大損
値段
返す
助かる
仕方
もらう

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.