muksi - story thumb

--:-- / --:--
貧乏になりたいお金持ち

貧乏になりたいお金持ち

日本の民話

むかしむかし、あるところに、とてもお金持ちかねもちの家がありました。

「もう、お金おかねなんかいらない」

と、いつも言っいっているのに、どうしたことか、お金おかねはどんどんたまるばかりです。

そこで貧しい人たちに、お金おかね貸しかしてあげることにしました。

そのとたん、お金持ちかねもちの家に大勢たいせいの人が押しかけおしかけてきて、ご飯ごはん食べるたべるひまもありません。

しばらくたつと、今度こんど借りかりお金おかね返しかえしにくる人も増えふえてきて、もう大変たいへんな忙しさです。

(弱っよわったなあ。このままじゃ、ゆっくり眠るねむる事も出来できん。どうしたものか?)

金持ちかねもちは、色々と考えかんがえて、

(そうか、お金おかねがたまりすぎるから、こんな事になってしまったのだ。のんびり暮らすくらすには、貧乏びんぼー(びんぼう)になればいいんだ)

と、気がつきました。

さっそくお金持ちかねもちは家の表に大きな張り紙はりがみをして、次のように書きかきました。

《おかげさまで、お金おかねはほとんどなくなりました。だから今日きょー限りでお金おかね貸すかすのをやめることにします。お金おかね借りかりた人は、もう返さかえさなくてもけっこうです》

張り紙はりがみのおかげで家へ来るくる人もいなくなり、やっと静かしずかになりました。

(さあ、これで貧乏びんぼーになれるぞ)

ところが元々お金持ちかねもちの家だったので、立派りっぱ(りっぱ)な道具どーぐやこっとう品がたくさんあり、売れうればたちまちお金おかねがたまってしまいます。

そこでこれも近所きんじょの人にただでやり、屋敷やしきの庭に生えはえている見事みごと植木うえき全部ぜんぶ切り倒しきりたおして、たき木にしてしまいました。

ついでに庭のあちこちにある、大きな石まで取り除くとりのぞく事にしました。

「なにも、そこまでしなくても」

近所きんじょの人が言いいいましたが、お金持ちかねもちは、

「いや、何としても貧乏びんぼーになり、これからはのんびり暮らすくらすのだ」

と、言っいって、大勢たいせいの人を呼んよんで石を運び出しはこびだしました。

すると取り除いとりのぞいた石のあとから、大きなつぼがいくつもてきました。

「おや? なんだろう?」

おどろいてふたを取るとると、どのつぼにも金ぴかきんぴか小判こばんがつまっています。

どうやらこの家の先祖せんぞ(せんぞ)が埋めうめておいた物らしく、つぼのふたの裏には、

《これを子孫しそん(しそん)に残すのこす大切たいせつ使っつかってくれ》

と、書いかいてありました。

これには、さすがのお金持ちかねもちもまいりました。

「なんて事だ。ご先祖せんぞさまが大切たいせつ使っつかってくれと書いかいてあるので、人にやるわけにもいかないし、・・・まったく、貧乏したいと思っおもっているのにこんな大金たいきんてくるなんて、わしはよっぽど運の悪い人間にんげんだ」

と、何度もためいきをついたという事です。

おしまい


金持ち
お金
言う
たまる
貸す
大勢
押しかける
ご飯
食べる
今度
借りる
返す
増える
大変
弱る
眠る
出来る
考える
暮らす
貧乏
張り紙
書く
おかげ
なくなる
今日
やめる
けっこう
来る
静か
なれる
立派
りっぱ
道具
こっとう
たくさん
売る
近所
屋敷
生える
見事
植木
全部
切り倒す
ついで
あちこち
取り除く
呼ぶ
運び出す
いくつ
出る
おどろく
取る
金ぴか
小判
つまる
先祖
埋める
子孫
残す
大切
使う
まいる
思う
大金
人間
ためいき

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.