muksi - story thumb

--:-- / --:--
吉四六の天昇り

吉四六の天昇り

日本の昔話

むかしむかし、

吉四六さん

言ういう、とてもゆかいな人がいました。

ある日の事。

吉四六さんは村に、奇妙きみょー立て札たてふだ立てたてました。

明日あした正午しょーご、畑にて、吉四六が天昇りのぼりをいたします》

さあ、それを知っしっ村人むらびとたちは大騒ぎです。

「おい聞いきいたか? あの吉四六さんが、天昇りのぼりをするそうだぞ」

「まさか、いくら吉四六さんでも、天に昇るのぼることなんか」

「いいや、吉四六さんなら、本当にやりかねんぞ」

そして、いよいよ次の日。

吉四六さんの畑に、村中むらなかの人が集まっあつまって来ました。

するとそこへ現れあらわれた吉四六さんが、村人むらびとたちにこう言いいいました。

「みなさん。

わたしもいよいよ、天に昇るのぼる事になりました。

つきましては、お願いがござります。

天へは、このはしごを伝わっつたわっ昇りのぼりますので、誰かだれか下で押さえおさえていて下さい。

それからわたしも最後さいご賑やかにぎやか行きいきたいので、他の方々かたがたは下で踊(おど)りながら、『天昇りのぼりは危ないぞ』と、言っいって下さい。

それではみなさま、どうかおたっしゃで」

こうして吉四六さんは、少しずつはしごを登っのぼって行きました。

下では村人むらびとが、天を見上げみあげながら、

「天昇りのぼりは、危ないぞ。天昇りのぼりは、危ないぞ」

と、言いいいながら、畑の中を踊りおどりまわります。

吉四六さんは、はしごのてっぺんから下の様子よーすていましたが、やがてどうしたわけか、スルスルと下りおりて来て、みんなに向かっむかってこう言いいいました。

「せっかく決心して登りのぼりましたが、こうみんなに『危ない、危ない』と言わいわれると、やっぱり恐ろしくなりました。そんな訳で、今回こんかい止めとめにします」

「はあ? ・・・・・・」

それを聞いきい村人むらびとたちは、しばらくあっけにとられていましたが、急に馬鹿馬鹿しくなって家に帰っかえって行きました。

そして一人残さのこされた吉四六さんは、しめしめとばかりに十分じゅーぶんにならされた畑をながめて、

「よし、これで今年ことしは、畑を耕さたがやさなくてもいいな」

と、ニッコリ笑いわらいました。

吉四六さんは村人むらびとたちに踊りおどり踊らおどらせて、自分じぶんの畑を耕したがやしたのでした。

おしまい


言う
かいな
奇妙
立て札
立てる
明日
正午
昇り
いたす
知る
村人
聞く
昇る
村中
集まる
現れる
みなさん
はしご
伝わる
誰か
押さえる
最後
賑やか
行く
方々
みなさま
登る
見上げる
踊る
てっぺん
様子
見る
下りる
みんな
向かう
今回
止め
あっけ
帰る
残す
しめる
十分
ならす
ながめる
今年
耕す
笑う
踊り
自分

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.