muksi - story thumb

--:-- / --:--
かしこい大臣

かしこい大臣

世界の昔話

むかしむかし、唐の国(とうのくに→中国ちゅーごく)に、それはそれは美しいお姫さまおひめさまがいました。

かしこくて優しい方だったので、どこの国の王さまおーさま自分じぶんのおきさきにむかえたいと思っおもっていました。

そしてチベットの王さまおーさまも、このお姫さまおひめさまをおきさきにむかえたいと思っおもって、一番いちばんかしこい大臣だいじんを唐の都へお使いつかいにやりました。

唐の都には、六つむっつの国からお使いつかいていました。

唐の皇帝こーてい(こうてい→王さまおーさま)はチべットからのお使いつかいたと聞いきいて、困っこまってしまいました。

もしもそんな遠くとーくの国へお姫さまおひめさまをお嫁にやってしまっては、なかなか会うあう事が出来できないだろうと思っおもったからです。

そこで皇帝こーていは、家来けらいたちを集めあつめて相談しました。

「どうすれば、チベットからの申し出もーしで断ることわることが出来るできるだろうか?」

すると、一人の家来けらい言いいいました。

「チベットからの申し出もーしでだけを断ることわることも出来できませんから、使者ししゃたちに難しい問題もんだい出しだして、それをといた者の国王こくおーに姫ぎみとのご結婚をお許しおゆるしになるというのはいかがでしょう?

チベットは田舎いなかの国だから、きっと難しい問題もんだいはとけないでしょう 」

この考えかんがえに、みんなは賛成しました。

さて次の日、皇帝こーていは五百頭の母ウマと、五百頭の子ウマを用意させました。

そして母ウマだけをつなぐと、こう言いいいました。

使者ししゃ方々かたがた、遠いところをごくろうでした。

わたしに七人の娘があればよろしいのですが、ざんねんなことに娘はたった一人しかおりません。

そこでわたしは、こう考えかんがえました。

今ここには、五百頭の母ウマと五百頭の子ウマがいます。

それぞれの親子おやこ見分けみわけた方の王さまおーさまに、姫をさしあげることにしましょうと」

そこでお使いつかいたちは子ウマを連れつれて、母ウマたちのそばへ行きいきました。

けれども、どの母ウマと子ウマが親子おやこかなんて、いくら見比べみくらべてもわかりません。

使いつかいたちが頭を悩まなやませていると、チべットのお使いつかい皇帝こーてい頼んたのんで、おいしいウマのえさをたくさん用意してもらいました。

そしてそのえさを、母ウマにお腹いっぱい食べたべさせたのです。

チべット人はウマを扱いなれているので、ウマの性質せいしつもよく知っしっていたのです。

母ウマたちはお腹おなかがいっぱいになると、高く首をあげていななきました。

『さあ、はやくおいで。お乳をあげましょう』

それを聞いきいた子ウマたちは、それぞれの母ウマのところへかけよってお乳を飲みのみ始めました。

こうしてチベットのお使いつかいは、五百組のウマの親子おやこ残らのこら見分けみわけたのです。

皇帝こーていは、おどろきました。

(これは、まずい事になったぞ)

そこで皇帝こーてい家来けらいたちと相談して、もうひとつ問題もんだい出すだすことにしました。

「ここに、穴の開いひらいたみどり色の玉があります。

この玉の穴に糸を通すとーすことの出来できた者の国王こくおーに、姫をお嫁にやりましょう」

使いつかいたちは、その玉を手にとってみました。

ところがその玉の穴はとても小さくて、しかも玉の中ほどで穴がまがりくねっているのです。

六人のお使いつかいたちは、なんとか糸を通そとーそうとしました。

けれども半日はんにちたっても、誰一人通すとーすことが出来できません。

考えかんがえたチベットのお使いつかいは、一匹のアリをつかまえてきました。

その足に糸をむすびつけて、玉の穴に入れいれました。

そして出口でぐちの穴に、あまいハチミツをぬっておきました。

するとアリはハチミツのにおいにひかれて、糸をひっぱったまま穴を通り抜けとーりぬけたのです。

それを皇帝こーていは、困っこまってしまいました。

(またしても、チベットの使いつかいか)

皇帝こーていはまた家来けらいたちと相談して、別の問題もんだい考えかんがえました。

皇帝こーてい大工だいく呼ぶよぶと大きな木を切り倒さきりたおさせて、根元ねもとに近い方も上の方も同じ形にけずらせました。

そしてその木を七人のお使いつかいの前に運ばはこばせて、

「この木は、どちらが根元ねもとで、どちらが先の方かな?」

と、問題もんだい出しだしまた。

まずは六人のお使いつかいが木の両はしを調べしらべてみましたが、どっちが根元ねもとでどっちが先の方か、さっぱりわかりません。

そして今度こんども、チべットのお使いつかい見分けるみわけることになりました。

チベットは高い山にかこまれた国ですから、木の事をよく知っしっています。

チベットのお使いつかいは、ご殿の庭を流れながれている川に木を浮かばうかばせました。

木は水面すいめん浮かんうかんだまま、ゆっくりと流れながれていきます。

そのうちに軽い方が先になり、重い方が後ろうしろになりました。

チベットのお使いつかいは、それを指さしゆびさし言いいいました。

後ろうしろの方が根元ねもとで、前が木の先でございます。

なぜなら木は、先のより根元ねもとが重いからです。

水に流れるながれるときは軽い方が先になって流れながれますから、簡単かんたん見分けみわけられます」

「・・・うむ。正解だ」

こうなっては皇帝こーていも、チベットのお使いつかいのかしこさを認めみとめないわけにはいきません。

それでも、一人娘ひとりむすめを遠い国ヘお嫁にやってしまうのはいやです。

そこでもう一度家来けらいたちを集めあつめて、難しい問題もんだいを相談しました。

一人の大臣だいじんが、言いいいました。

「よい考えかんがえが、ございます。

お姫さまおひめさまと同じように美しい娘たちを三百人集めあつめて、お姫さまおひめさまと同じ着物きもの着せるきせるのです。

そしてその中から、お姫さまおひめさま選び出さえらびださせるのでございます」

「なるほど。

七人の使いつかいたちは、誰も姫の顔を知らしらないからな」

そこで皇帝こーていは、使いつかいの人たちに言いいいました。

明日あした、三百人の美しい娘の中から、姫を選び出しえらびだしてください。

それが出来できた人の国王こくおーこそ、姫にふさわしい方と考えかんがえます」

これを聞いきいて、七人のお使いつかいたちは驚きおどろきました。

特にチベットは遠い国なので、お姫さまおひめさまのことは何も知りしりません。

そこでチベットのお使いつかいは、ご殿のまわりをさんぽするようなふりをして、ご殿に出入りする人たちにお姫さまおひめさまのことをたずねました。

けれども、だれも知らしらないというのです。

そのとき、ご殿の裏口うらぐちから一人の洗濯ばあさんがてきました。

チベットのお使いつかいは、このおばあさんにも聞いきいてみました。

おばあさんは、顔色かおいろ変えかえ言いいいました。

「とんでもない。よその国のお方おかたお姫さまおひめさまのことをお知らせしたら、わたしの命がなくなります」

けれどもチべットのお使いつかいは、このまま引き下がりひきさがりません。

「おねがいだ。チベット王はすぐれた方です。姫ぎみに、ふさわしい人ですよ」

おばあさんはチベットのお使いつかいがとても熱心ねっしんなので、つい心を動かさうごかされました。

「これは、お姫さまおひめさまのおそばの人が話しはなしているのを、聞いきいたんですがね」

さて、あくる日あくるひ

チベットのお使いつかいがご殿に行くいくと、三百人の美しい娘たちがずらりとならんでいました。

ほかの六人はとっくにていましたが、どうしてもお姫さまおひめさま探し出すさがしだす事が出来できなくて、あきらめたところでした。

チベットのお使いつかいは、一人一人をゆっくりとながめていきました。

やがて一人の娘の頭の上を、金色きんいろのハチが飛んとんでいるのを見つけみつけました。

その娘はいやな顔もしないで、やさしくハチをています。

「このお方おかたで、ございます!」

チベットのお使いつかいは、その娘を指さしゆびさしました。

「みごとだ。そのとおり」

皇帝こーていは、すっかり感心してしまいました。

実は、せんたくばあさんの話しはなしによると、お姫さまおひめさま髪の毛かみのけにハチミツをぬるのが大好きだいすきだったのです。

そのためハチやチョウチョウが集まっあつまってくるので、お姫さまおひめさまはいつもムシをかわいがっていたのです。

皇帝こーていは、お姫さまおひめさまをチべット王にお嫁にやることにきめました。

チベットのお使いつかい喜んよろこんで、お礼をいいました。

それから、お姫さまおひめさまにむかって、

お姫さまおひめさま、チベット王のもとにお嫁入りなさいますときは、金銀きんぎんや、おめしものなどはお持ちもちくださるにはおよびません。

そのような物は、チべットにもたくさんございます。

そのかわり穀物こくもつ(こくもつ)のタネと、腕の良い職人しょくにんをおねがいいたします」

と、頼みたのみました。

お姫さまおひめさまはそれを、皇帝こーていにお願いしました。

さて、お嫁入りよめいりの日がました。

皇帝こーていお姫さまおひめさま願いねがい通り穀物こくもつのタネを五百頭のウマにつみ、すきや、くわを、千頭のウマにつんで持たもたせてやりました。

ほかに腕のいい職人しょくにんを、何百人もお供おともにつけてやりました。

こうしてチベットには穀物こくもつのタネがまかれて、おいしいムギなどがとれるようになったのです。

連れつれて行った職人しょくにんたちも腕をふるって、立派りっぱ織物おりもの細工ざいく物(さいくもの)をつくりはじめました。

今でもチベットでは、そのときに伝わっつたわっ織物おりもの細工ざいく物が名産めいさんとなっています。

おしまい


中国
お姫さま
王さま
自分
おきる
むかえる
思う
チベット
一番
大臣
使い
六つ
来る
皇帝
聞く
困る
遠く
会う
出来る
家来
集める
申し出
断る
言う
使者
問題
出す
国王
お許し
いかが
田舎
とける
考え
みんな
つなぐ
方々
おりる
考える
それぞれ
親子
見分ける
さしあげる
連れる
行く
見比べる
わかる
悩む
頼む
たくさん
食べる
なれる
性質
知る
お腹
あげる
いななく
おいで
かけよる
飲む
残る
おどろく
ひとつ
開く
みどり
通す
まがりくねる
半日
つかまえる
むすびつける
入れる
出口
ハチミツ
におい
ひっぱる
通り抜ける
見る
またす
大工
呼ぶ
切り倒す
根元
けずる
運ぶ
どちら
調べる
どっち
今度
かこむ
流れる
浮かぶ
水面
後ろ
指さす
簡単
認める
一人娘
ござる
着物
着せる
選び出す
明日
驚く
まわり
たずねる
裏口
ばあさん
出る
おばあさん
顔色
変える
とんでも
お方
なくなる
引き下がる
すぐれる
熱心
動かす
話す
あくる日
ならぶ
探し出す
あきらめる
ながめる
金色
飛ぶ
見つける
みごと
髪の毛
大好き
チョウ
集まる
かわいがる
きめる
喜ぶ
むかう
なさる
金銀
持つ
およぶ
かわり
穀物
職人
嫁入り
願い
すきや
お供
つける
まかれる
とれる
ふるう
立派
織物
細工
つくる
伝わる
名産

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.