muksi - story thumb

--:-- / --:--
人魚のしかえし

人魚のしかえし

世界の昔話

むかしむかし、北の冷たい海に、一人の美しい

人魚にんぎょ

(にんぎょ)が住んすんでいました。

この人魚にんぎょは五頭のウシを飼っかっていて、とても大事だいじにしています。

ある日、人魚にんぎょはウシを近くちかくの島まで連れつれて行って、お腹おなかがいっぱいになるまで草を食べたべさせてやりました。

その様子よーすを、この島に住むすむいじわるな人間にんげんたちがていました。

「おい、人魚にんぎょだぞ」

「ああ、人魚にんぎょのくせにウシなんか飼いかいやがって」

「どうだ、あのウシを取っとってしまわないか?」

「いいな。しかしウシよりも、人魚にんぎょが腰にまいている帯(おび)を手に入れいれないか? あの帯には、宝石ほーせきがたくさんついているという話しはなしだ」

そこで人間にんげんたちはウシに近づくちかずくと、人魚にんぎょからウシを取り上げとりあげてしまったのです。

「わたしのウシを、返しかえしてください!」

ウシを取らとられた人魚にんぎょは、泣いない人間にんげんたちに頼みたのみました。

返すかえすもんか。・・・でも、お前おまえが腰にまいている帯(おび)をくれたら、ウシを返しかえしてやってもいいぞ」

「帯を? だけどこの帯は、人魚にんぎょだけしか使うつかうことが出来できないんです。人間にんげん持っもっていても、少しも役に立たやくにたたない帯ですよ」

「うそをつくな! その帯には宝石ほーせきがたくさんついているじゃないか。その宝石ほーせきがあったら、おれたちは大金持ちおーがねもちになれる。さあ、ウシを返しかえしてやるから帯をよこせ!」

人魚にんぎょはウシをとても可愛がっていたので、仕方しかたなく帯を人間にんげんたちに渡しわたしてウシを返しかえしてもらいました。

でも、なんだかくやしくてたまりません。

そこで人魚にんぎょは、ウシに言いいいました。

「さあ、砂をほって、いじわるな人間にんげんたちにしかえしをしてやりなさい」

するとウシたちは、砂を角や足でほりはじめました。

すると砂が風でまいあがり、いじわるな人間にんげんたちの住んすんでいる村へと飛んとんでいきました。

「さあ、もっと砂をほって、人間にんげんたちの家をうめてしまいなさい」

人間にんげんたちの村に飛んとんでいった砂は、どんどんどんどん降りおりつもり、やがて人間にんげんたちの家をうめてしまいました。

あわてて逃げ出しにげだし人間にんげんたちは、

「ふん! ちっぽけな家ぐらい、なくなったってかまうものか! こっちには宝石ほーせきのいっぱいついた帯があるんだ。これがあれば、大きな城だってたてられるさ」

と、ニコニコ顔です。

でも、人魚にんぎょから取りあげとりあげた帯をよくてみると、宝石ほーせきなど1つもついていません。

いつの間にか帯はコンブに変わっかわっていて、宝石ほーせきは海で岩などについているフジツボに変わっかわっていたのです。

おしまい


人魚
住む
飼う
大事
近く
連れる
お腹
食べる
様子
いじわる
人間
見る
取る
おびる
入れる
宝石
たくさん
話す
近づく
取り上げる
返す
泣く
頼む
お前
くれる
使う
出来る
持つ
役に立つ
大金持ち
なれる
よこす
仕方
渡す
たまる
言う
かえす
してやる
まいあがる
飛ぶ
うめる
降りる
つもる
あわてる
逃げ出す
ちっぽけ
なくなる
かまう
こっち
たてる
取りあげる
コンブ
変わる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.