muksi - story thumb

--:-- / --:--
紙のふんどし

紙のふんどし

江戸小話

何日も飯にありつけないでいた浪人(ろうにん→お城で働いはたらいていない武士ぶしの事で、たいていが貧乏びんぼー)が、隣の家へ食事に呼ばよばれました。

「さあさあ、ただの麦飯むぎめしだが、遠慮無くお食べたべなさい」

「これは、かたじけのうござる。それでは、お言葉ことば甘えあまえまして」

さて、この浪人の食べるたべる事、食べるたべる事。

「すまぬが、おかわりを」

「はい。もっと食べたべてくださいな」

「すまぬが、もう一つひとつおかわりを」

「はいはい、まだありますからね」

「すまぬが、もう一つひとつおかわりを」

「はい、どうぞ」

「すまぬが、もう一つひとつおかわりを」

「・・・はい」

「すまぬが、もう一つひとつおかわりを」

「・・・・・・」

浪人は隣の家の人が心配するほど食べたべて、まだおかわりを頼みたのみます。

すると、浪人お腹おなかがどんどん大きくなり、やがて、

パチン!

と、大きな音を立てたてました。

それを聞いきいて、家の人はびっくりです。

あまりにも食べたべ過ぎたので、浪人の腹が破裂したと思っおもったからです。

「たっ、大変たいへんだ! 急いいそいで、手当をしないと! さあ、まずは、帯をときなされ」

すると浪人は、決まりきまりが悪そうにポリポリと頭をかいていいました。

「心配ない。さっきのは、金がないので紙で作っつくったふんどしのひもが、食いくい過ぎて切れた音じゃ」

♪ちゃんちゃん

(おしまい)


働く
武士
貧乏
呼ぶ
麦飯
食べる
言葉
甘える
かわり
一つ
頼む
お腹
パチン
立てる
聞く
思う
大変
急ぐ
決まり
作る
食う

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.