muksi - story thumb

--:-- / --:--
白バラちゃんと赤バラちゃん

白バラちゃんと赤バラちゃん

世界の昔話

むかしむかし、ある森に、白バラちゃんと赤バラちゃんという、仲の良い姉妹しまい住んすんでいました。

二人はいつも、

「わたしたち、ずっと一緒にいましょうね」

と、言っいっています。

ある雪のひどい晩、寒さにこごえたクマが二人に助けたすけ求めもとめました。

二人はそのクマを、暖かい部屋へや泊めとめてあげました。

それから毎晩まいばん、クマは遊びあそび来るくるようになりました。

すっかり仲良しなかよしになったある日の事、クマはお別れわかれ言いいいました。

「春になると、地下ちかから悪い

小人こども

がぼくの宝物ほーもつ盗みぬすみ来るくるんだ。

見張らみはらなきゃいけないから、ここにはもう来れこれないんだ」

「・・・そんな」

さびしい気持ちきもちで、二人はたきぎ拾いひろい出かけでかけました。

すると倒れたおれた木の下じきしたじきになって、小人こどもがバタバタ手足てあし動かしうごかしていました。

見るみると長いひげが、枝にからまっています。

白バラちゃんは親切しんせつに、からまった長いひげをはさみで切っきってあげました。

ところが、

「よくも、自慢(じまん)のひげを切っきったな!」

小人こども助けたすけられたのにお礼も言わいわず、木の根きのねの間から金貨きんかのつまった袋を取り出すとりだすと、さっさと行っいってしまいました。

それから少したったある日、二人は川でひげを魚にくわえられている小人こどもました。

よく見るみると、この前の小人こどもです。

今度こんどもはさみでひげを切っきっ助けたすけてあげたのに、小人こどもは、

「また、大事だいじなひげを切りきりやがって!」

と、怒鳴りどなりながら真珠しんじゅ(しんじゅ)の入っはいった袋をかついで、岩のかげに消えきえました。

それから間もなく、二人は

ワシ

にさらわれそうになっている小人こども助けたすけてやりました。

小人こどもはまたお礼も言わいわず、宝石ほーせきのつまった袋をかかえて。

「おれの宝石ほーせきを、ジロジロ見るみるな!」

と、言いいいました。

その時です。

「それは、ぼくの宝石ほーせきだ!」

クマが現れあらわれて、小人こどもをやっつけてしまいました。

するとクマの毛皮けがわがハラリとぬげて、クマは美しい王子おーじさまになったのです。

「悪い小人こども見つけみつけてくれて、ありがとう。

実はあの小人こども魔法まほーをかけられて、クマの姿にされていたんだ。

小人こどものひげは小人こども魔法まほーのみなもと、小人こどものひげを切っきってくれたおかげで小人こどもをやっつける事が出来できました。

白バラちゃん、ぼくと結婚してください。

そして赤バラちゃんが、ぼくの弟と結婚してくれたら、ずっとみんなで一緒にいられるよ」

と、言ういうわけで、白バラちゃんと赤バラちゃんはいつも二人が言っいっていたように、ずっと仲良く一緒に暮らしくらしました。

おしまい


姉妹
住む
言う
こごえる
助け
求める
部屋
泊める
毎晩
遊び
来る
仲良し
別れ
地下
小人
宝物
盗む
見張る
来れる
気持ち
拾う
出かける
倒れる
下じき
手足
動かす
見る
からまる
親切
はさみ
切る
助ける
木の根
金貨
つまる
取り出す
行く
くわえる
今度
大事
怒鳴る
真珠
しんじる
入る
かつぐ
かげる
消える
さらう
宝石
かかえる
現れる
やっつける
毛皮
ハラリ
ぬげる
王子
見つける
魔法
かける
おかげ
出来る
みんな
暮らす

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.