muksi - story thumb

--:-- / --:--
杉の木、百本

杉の木、百本

日本の昔話

むかしむかし、

吉四六さん

言ういう

とてもとんちの出来るできる人がいました。

ある日の事、吉四六さんの村でお寺おてら建て直すたてなおす事になり、世話人せわにんが寄付を集めにました。

「どうだろう、吉四六さん。

吉四六さんがう~んと出しだしてくれれば、他のみんなだって負けまけずに出しだしてくれるはずだ。

だから何とか、よろしく頼みたのみますよ」

「いいとも。任せまかせてくれ」

吉四六さんは、世話人せわにん持っもって来た帳面ちょーめんに、

《杉の木、百本》

と、書きかきました。

「へえっ~! 杉の木を、百本も寄付してくれるのか」

世話人せわにんは大喜びよろこびで、今度こんど庄屋しょーやさんの家に行きいきました。

「何! あのけちの吉四六さんが、杉の木を百本も寄付するだと!」

庄屋しょーやさんは、びっくりしながらも、

(庄屋しょーやのわしが、吉四六さんより少なくては恥ずかしいな)

と、思いおもい仕方しかたなく、

《米、百俵》

と、書きかきました。

それからも吉四六さんのおかげで、村のみんなはいつもよりたくさんの寄付をする事になりました。

さて、いよいよ寄付すると書いかいた物を、集めるあつめる日がやって来やってきました。

吉四六が杉の木を百本も寄付すると言ういうので、大勢たいせいの人が車をひいて吉四六さんの家へやって来やってきました。

「吉四六さん、この度は杉の木、百本もの寄付をありがとうございます。

それで杉の木を取りとりたんだが、ここには無いようだな。

吉四六さん、どこへ取りとり行っいったらいいんだい?」

すると、吉四六さんは、

「いやいや、どこへも行かいかんでいい。今ここで渡すわたすから」

と、言っいって、杉の木のおはしを百本渡しわたしたそうです。

おしまい


言う
出来る
お寺
建て直す
世話人
来る
出す
みんな
負ける
頼む
任せる
持つ
帳面
書く
喜び
今度
庄屋
行く
思う
仕方
おかげ
たくさん
集める
やって来る
大勢
取る
渡す

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.