muksi - story thumb

--:-- / --:--
西郷隆盛と馬

西郷隆盛と馬

日本の民話

近代きんだい日本にっぽん作っつくっ偉人いじんの一人に、誰でも名前なまえ知っしっている西郷さいごー隆盛たかもりがいます。

この西郷さいごー隆盛たかもりは、ちょっと変わっかわった行動をする事でも有名ゆーめいだったそうです。

このお話しはその西郷さいごー隆盛たかもりの、ちょっと変わっかわっ笑い話わらいばなしです。

ある日の事、西郷さいごーさんはお百姓ひゃくしょーの家で、ふかしたてのサツマイモをごちそうになりました。

「おおっ、うまかサツマイモだ」

そのサツマイモを気に入っきにいっ西郷さいごーさんは、ざるに盛り上げもりあげたサツマイモを一人で全部ぜんぶたいらげた上に、お土産みやげとして一俵もサツマイモをもらったのです。

ですがいくら力持ちちからもち西郷さいごーさんでも、一俵(→約50�s)のサツマイモをかついで帰るかえるのは大変たいへんです。

そこで西郷さいごーさんはお百姓ひゃくしょーに馬を貸しかしてもらうと、ポックリポックリと上機嫌じょーきげん帰っかえって行きました。

ところが途中とちゅーの坂で馬がよろけて、背中せなかのイモ俵を落としおとしてしまったのです。

落ちおちたイモ俵からサツマイモが飛び出しとびだして、坂道さかみちをコロコロコロコロと転がっころがって行きました。

「しもうた。イモが、逃げにげおるわい」

ところが西郷さいごーさんは、転がっころがって行くサツマイモを拾おひろおうとはしません。

それどころか馬に向かっむかって、こう文句もんく言っいったのです。

「イモが逃げにげたのは、お前おまえ不注意ふちゅーいだ。待っまってやるから、お前おまえが始末せい」

そして西郷さいごーさんは、のんびりとタバコをふかし始めました。

しかしいくら西郷さいごーさんに文句もんく言わいわれても、馬がイモを拾うひろうはずがありません。

馬は気持ちよさそうにタバコをふかす西郷さいごーさんの隣で、じっと立ったっていました。

そこへ通りとーりかかったお百姓ひゃくしょーが、道いっぱいに散らばっちらばったサツマイモを西郷さいごーさんに尋ねたずねました。

「こりゃあ、どうしたんですか?」

すると西郷さいごーさんは、大きくタバコをふかしながら言いいいました。

「なあに、馬がイモをこぼしたで、『自分じぶんがした事は、自分じぶんで始末せい』と、教えおしえとるところです」

「・・・はあ。馬にですか」

百姓ひゃくしょーは、あきれてしまいました。

(この西郷さいごーさんは偉いお人だそうだが、何とも変わっかわったお人だ)

百姓ひゃくしょーはサツマイモを拾いひろい集めるあつめると、元の様に馬の背中せなか乗せのせて、そのまま行っいってしまいました。

さて、それからしばらくしてようやくタバコを吸いすい終えた西郷さいごーさんは、大きなあくびをすると馬の方に向き直りむきなおりました。

「おおっ、ちゃんと自分じぶんで始末できたな。やれば出来るできるじゃないか」

西郷さいごーさんは馬の手綱たずな取るとると、何事なにごともなかったかのようにポックリポックリと帰っかえって行ったそうです。

おしまい


近代
日本
作る
偉人
名前
知る
西郷
隆盛
変わる
有名
笑い話
百姓
サツマイモ
おおう
気に入る
盛り上げる
全部
たいらげる
土産
もらう
力持ち
かつぐ
帰る
大変
貸す
上機嫌
途中
よろける
背中
落とす
落ちる
飛び出す
坂道
転がる
逃げる
拾う
向かう
文句
言う
お前
不注意
待つ
タバコ
ふかす
立つ
通る
散らばる
見る
尋ねる
なあに
こぼす
自分
教える
あきれる
集める
乗せる
行く
吸う
向き直る
できる
出来る
手綱
取る
何事

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.