muksi - story thumb

--:-- / --:--
エンドウ豆の上のお姫様

エンドウ豆の上のお姫様

世界の昔話

むかしむかし、ある国に王子おーじさまがいました。

王子おーじさまも年頃としごろで、そろそろおきさきをむかえたいと思いおもいました。

けれど王子おーじさまにふさわしいおきさきは、本物ほんもの完全かんぜんお姫さまおひめさまでなくてはなりません。

そこで王子おーじさまは世界中せかいじゅーを旅して回り、どこからても完全かんぜんお姫さまおひめさま探しさがしました。

ところがどのお姫さまおひめさまも、美人びじんでなかったり、品がなかったりして、どうしても王子おーじさまのおめがねにかないません。

王子おーじさまはガッカリして国へ戻るもどると、すっかり気持ちきもち沈んしずんでしまいました。

そんなある夜の事、ひどいあらしの中を誰かが訪ねたずねてきました。

城の門を開けるあけると、雨にぐっしょりぬれた一人の娘が立ったっていました。

「わたしは王子おーじさまがお探しさがしになっている、本物ほんものの姫です」

娘がそう言ういうので、その夜は城に泊めとめてやることにしました。

本当ほんとーお姫さまおひめさまかどうかは、すぐに分かるわかる事ですよ」

王子おーじさまのお母さんおかーさんはそう言ういうと、娘のベッドにちょっとした工夫をしました。

まず一粒のエンドウ豆を置きおき、その上にしきぶとんを二十枚も重ねかさねて、さらに二十枚の羽根はねぶとんをかけた上に娘を寝かせねかせたのです。

次の朝、お母さんおかーさんは娘にベッドの寝心地ねごこち(ねごこち)はどうだったか尋ねたずねました。

すると娘は、眠そうな目をこすりながら、

「せっかくのおもてなしですが、寝心地ねごこちが悪くて少しも眠れねむれませんでしたわ」

と、答えこたえたのです。

お母さんおかーさんは、さらに聞きききました。

寝心地ねごこちが悪いと言いいいましたが、どのように悪かったのですか?」

「はい。ベッドの下に、何かが入っはいっていたのではありませんか? 背中せなかに、あざがついてしまいました」

お母さんおかーさんは娘が、本当ほんとーお姫さまおひめさまだと思いおもいました。

だって、たった一粒のエンドウ豆であざが出来できてしまうなんて、ふっくらしたベッドでしかた事のない人に決まっきまっています。

こうして王子おーじさまは、やっと本物ほんもの完全かんぜんお姫さまおひめさまをおきさきとしてむかえることが出来できたのです。

おしまい


王子
年頃
おきる
むかえる
思う
本物
完全
お姫さま
世界中
見る
探す
美人
めがね
かなう
戻る
気持ち
沈む
あらし
訪ねる
開ける
ぬれる
立つ
言う
泊める
本当
分かる
お母さん
ベッド
エンドウ
置く
重ねる
羽根
かける
寝かせる
寝心地
尋ねる
こする
おもてなし
眠れる
答える
聞く
入る
背中
出来る
寝る
決まる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.