muksi - story thumb

--:-- / --:--
彦一とサクラの花

彦一とサクラの花

日本の民話

むかしむかし、彦一ひこいち(ひこいち)と言ういう、とてもかしこい子どもこどもがいました。

ある日の事、彦一ひこいちの家の隣に、ある村の

長者ちょーじゃ

(ちょうじゃ)が引っ越しひっこしてきました。

彦一ひこいち貧乏びんぼーでも花が好きすきで、ウメやサクラを大事だいじ育てそだてています。

それから何年かして彦一ひこいち大切たいせつ育てそだてたサクラが、かきねごしに枝を広げひろげ見事みごとな花を咲かせさかせました。

すると長者ちょーじゃが、それを見つけみつけて、

「かきねごしにた花は、こっちの物じゃ。折(お)ろうとちぎろうと、わしのかって。文句もんくはあるめえ」

と、見事みごとなサクラの木の枝を、ボキボキとへし折っへしおっていくのです。

「ああっ。なんとかわいそうな事を」

目の前でせっかくの花を折らおられた彦一ひこいちは、くやしくてたまりません。

そこで、折らおられたサクラの仇討ちうち考えかんがえました。

それからしばらくたった、月夜つきよの晩の事です。

彦一ひこいち自分じぶん庭先にわさきに、ナベ、カマ、タライを並べならべて、にぎやかに叩きはたき出したのです。

♪チンチン、カンカン、ドンドンドン

あまりの騒ぎさわぎに、長者ちょーじゃがビックリして家からてきました。

「やい彦一ひこいち。うるさいぞ! 何をしているんだ!」

そしてかきねのすきまから、彦一ひこいちの家をのぞき込んのぞきこんだその時です。

待ちかまえまちかまえていた彦一ひこいちが、大きな鉄のハサミでチョイッと長者ちょーじゃのダンゴ鼻をはさみつけたのです。

「いててててえ! はなせ彦一ひこいち。わしの鼻がちぎれる。こら、はなせ!」

「いや、はなさん。かきねごしにた鼻(花)は、こっちのもんじゃ。折ろうがちぎろうが、わしのかってじゃ。文句もんくはあるめえ。さて、このきたない鼻では、あのサクラの花のかわりにもならんが、まあええか」

そう言っいっ長者ちょーじゃの鼻を切り取ろきりとろうとしたので、長者ちょーじゃは涙をポロポロ流しながしながら言いいいました。

彦一ひこいち、わしが悪かった。米を一俵(ぴょう)やるから、はなしてくれ」

「たったの一俵では、はなさん」

「なら、二俵やる」

「二俵でも、はなさん」

「ならば三俵。いや、四俵でどうだ」

こうして彦一ひこいち長者ちょーじゃをさんざん痛めつけいためつけたうえ米を五俵も取り上げとりあげて、やっとはなしてやったという事です。

おしまい


彦一
言う
子ども
長者
ちょう
引っ越す
貧乏
好き
サクラ
大事
育てる
大切
広げる
見事
咲かせる
見つける
出る
こっち
ろうと
ちぎる
かって
文句
ボキボキ
へし折る
かわいそう
折る
たまる
討つ
考える
月夜
自分
庭先
タライ
並べる
にぎやか
叩く
騒ぎ
のぞき込む
待ちかまえる
ハサミ
チョイッ
ダンゴ
はさむ
いてる
はなせる
ちぎれる
はなす
かわり
切り取る
流す
ぴょう
痛めつける
取り上げる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.