muksi - story thumb

--:-- / --:--
熊ん蜂(くまんばち)の山賊退治

熊ん蜂(くまんばち)の山賊退治

日本の民話

むかしむかし、京の町に、馬や牛車ぎっしゃ(ぎっしゃ)に品物しなもの積んつんで町から町へと売りうり歩くあるく、大金持かねもち旅商人たびあきんどがいました。

商人しょーにんはたくさんの蔵を持ちもち、どの蔵にも商品しょーひんがギッシリとつまっています。

特に都の水で造っつくったお酒は、その中でも特別とくべつ評判ひょーばんの良い商品しょーひんでしたので、酒蔵さかぐらの数は増えるふえる一方でした。

ある日、久しぶりひさしぶり商人しょーにん酒蔵さかぐらをのぞくと、白壁しらかべ熊ん蜂くまんばちが巣を作っつくっているではありませんか。

もっと驚いおどろいたことには、酒樽さかだるからこぼれ落ちこぼれおちた酒のまわりに黒くむらがって、さもおいしそうに酒を飲んのんでいるのです。

普通ふつーならあわてて蜂を追い出すおいだすところですが、そこはきっぷのいい旅商人たびあきんど

「珍しい蜂もいるものだな。今だかつて、酒を飲むのむ蜂の話など聞いきいたことがないぞ。よしよし、うまいか? 存分ぞんぶん飲むのむがいい」

と、言っいって、地方ちほーへ商いに出かけでかけたのです。

さて、いつものように商人しょーにん大変たいへん荷物にもつお伴おともの者たちを連れつれて、峠を越えよこえようとした時のことです。

山賊さんぞく一味いちみが、いきなり襲いかかっおそいかかってきました。

びっくりした雇い人やといにんたちはあわてて逃げにげて行き、商人しょーにんも素早く岩陰に身を隠しかくしました。

おかげで山賊さんぞく戦うたたかうことなく、品物しなものを手に入れるいれることができました。

「しめしめ、これはうまそうな匂いにおいがしてやがる。酒樽さかだるとは豪気ごーき宝物ほーもつよ。それみんな、しっかり運ぶはこぶんだぞ」

山賊さんぞく親分おやぶん言葉ことばに皆はいっせいに勝ちどきかちどきをあげると、馬や牛車ぎっしゃごと盗んぬすんでいきました。

旅商人たびあきんどは歯ぎしりをしながら自分じぶん荷物にもつ運びはこび去らさられるのを見送っみおくっていましたが、相手あいて武器ぶき持っもっ山賊さんぞくではどうすることも出来できません。

「まあ、この身が無事ぶじだっただけでも、良しとするか」

と、自分じぶん言いいいきかせながら立ちあがろたちあがろうとして、ひょいと袖のあたりに目を向けるむけると、一匹の熊ん蜂くまんばちがとまっているのに気がつききがつきました。

旅商人たびあきんどは、熊ん蜂くまんばち言いいいました。

「なあ、熊ん蜂くまんばちよ。お前おまえたちにもし恩義おんぎ感じるかんじる心があるなら、日頃ひごろ酒をごちそうになっている礼に、あの山賊さんぞくたちをやっつけてきてくれないか」

それを聞いきいたのか聞かきかないのか、熊ん蜂くまんばちはブーンと、どこかへ飛んとんでいってしまいました。

「さて、帰るかえるとするか」

旅商人たびあきんどは気を取り直しとりなおして、逃げにげた者たちを呼びよび集めあつめました。

そして旅商人たびあきんどたちが峠を下ろくだろうとしていると、何やら雨雲あまぐものような黒い固まりかたまりが都の方から飛んとんで来るのが見えみえました。

「おや、あれは何だろう?」

目をこらして見つめみつめていると、どうやら蜂の一群いちぐんであることがわかりました。

「蜂か。・・・あっ!」

旅商人たびあきんどは、はっとしました。

もしかしたら先ほど話しかけはなしかけた蜂が、仲間なかまの蜂を呼びよびよせたのかもしれません。

「みんな、あの熊ん蜂くまんばちの後を追うおうんだ。決して見失うみうしなうではないぞ。必ずあの蜂たちが、大事だいじ商品しょーひん取りとりもどしてくれるはすだ」

旅商人たびあきんどはそう叫ぶさけぶと、皆の先頭せんとーをきって走り出しはしりだしました。

飛ぶとぶ黒い固まりかたまりは、なおもぐんぐん山を登っのぼっていきます。

しばらくする、商人しょーにんたちも、山賊さんぞく隠れ家かくれがたどり着くたどりつくことができました。

「みんな、気をつけろよ」

旅商人たびあきんど言いいいましたが、でもその時には勝負はついているらしく、あちらこちらではれあがった手足てあしをかかえて泣き叫んなきさけんでいる山賊さんぞくたちの姿がられました。

旅商人たびあきんどがやってきても、山賊さんぞくたちは動くうごくことが出来できません。

すると先ほどの熊ん蜂くまんばちなのか、一匹の熊ん蜂くまんばち旅商人たびあきんどの袖に再びとまりました。

旅商人たびあきんど熊ん蜂くまんばちに、心からの感謝を込めこめ言いいいました。

熊ん蜂くまんばちよ、よくやってくれた。ありがとう。これからも蔵の酒を、たらふく飲んのんでくれ」

旅商人たびあきんど熊ん蜂くまんばちのおかげで奪わうばわれた商品しょーひんだけでなく、山の様な山賊さんぞくの宝も手に入れいれたという事です。

おしまい


牛車
ぎっしゃ
品物
積む
売る
歩く
金持
旅商人
商人
たくさん
持つ
商品
ギッシリ
つまる
造る
特別
評判
酒蔵
増える
久しぶり
のぞく
白壁
熊ん蜂
作る
驚く
酒樽
こぼれ落ちる
まわり
むらがる
飲む
普通
あわてる
追い出す
きっぷ
聞く
存分
言う
地方
出かける
大変
荷物
お伴
連れる
越える
山賊
一味
襲いかかる
雇い人
逃げる
隠す
おかげ
戦う
入れる
できる
しめる
匂い
してやる
豪気
宝物
みんな
運ぶ
親分
言葉
勝ちどき
あげる
盗む
自分
去る
見送る
相手
武器
出来る
無事
きかせる
立ちあがる
あたり
向ける
とまる
気がつく
お前
恩義
感じる
日頃
やっつける
ブーン
飛ぶ
帰る
取り直す
呼ぶ
集める
下る
雨雲
固まり
見える
こらす
見つめる
一群
わかる
話しかける
仲間
よせる
しれる
追う
見失う
大事
取る
もどす
叫ぶ
先頭
走り出す
登る
隠れ家
たどり着く
つける
あちら
こちら
はれあがる
手足
かかえる
泣き叫ぶ
見る
やってくる
動く
込める
奪う

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.