muksi - story thumb

--:-- / --:--
この下に金なし

この下に金なし

日本の昔話

むかしむかし、

吉四六さん

言ういう、とてもゆかいな人がいました。

吉四六さんの家には大きな畑がありますが、

畑の真ん中まんなかには大きな石があって、これが吉四六さんの悩(なや)みの種です。

畑仕事の邪魔じゃまなので、どかそうと思うおもうのですが、

これがとても大きすぎて吉四六さんの力ではどうにもなりません。

「全く、邪魔じゃまな石だな。これがなければ、畑仕事が楽になるのに。

・・・そうだ」

名案めいあん思いついおもいついた吉四六さんは、町にて行くと出会うであう人たちにこんな事を言いいいました。

「実はこの前、馬を売っうっ大金たいきんを手に入れいれたんだ。

だけど、そんな大金たいきんを家に置いおいていたら危ないしな。

どこかに、良い隠し場所かくしばしょはないだろうか?」

それを聞いきいた人たちは、

馬鹿ばかだな」

「金をもうけたと言いふらすいーふらす奴が、どこにおる」

と、あきれ返っあきれかえったそうです。

そして次の日、吉四六さんは畑の大石おーいしのそばに、こんな立て札たてふだ立てたてました。

その立て札たてふだには、

《この下に、金なし》

と、書かかかれてあるのです。

「吉四六さんは、本当に大馬鹿ばかじゃ」

「あれでは、金のありかを教えおしえている様なものじゃ」

村人むらびとたちは吉四六さんの変な行動に、あきれ返りあきれかえりました。

でもこれこそが、吉四六さんが思いついおもいつい名案めいあんなのです。

さて、それから二、三日後。

吉四六さんは、自分じぶんの畑に行っいってみました。

するとあの大石おーいしのそばに、とても大きな深い穴が掘らほられているではありませんか。

誰かがこの下にお金おかねがあると思っおもって、一所懸命いっしょけんめいに穴を掘っほったのでしょう。

「よしよし、思っおもっ通りとーりだ」

そこで、吉四六さんが、

「えい!」

と、大石おーいし押すおすと、大石おーいしはゴロンと転がっころがって、うまい具合ぐあいにその穴の中に入っはいってしまったのです。

そして上から土をかぶせると、吉四六さんの畑からは邪魔じゃま大石おーいし消えきえてしまいました。

おしまい


言う
かいな
真ん中
邪魔
どかす
思う
名案
思いつく
出る
出会う
売る
大金
入れる
置く
隠し場所
聞く
馬鹿
もうける
言いふらす
あきれ返る
大石
立て札
立てる
書く
教える
村人
自分
行く
掘る
お金
一所懸命
通り
押す
転がる
具合
入る
かぶせる
消える

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.