muksi - story thumb

--:-- / --:--
ヘビ女房

ヘビ女房

百物語

むかしむかし、炭焼きすみやきが仕事の男がいました。

心優しい男ですが、お嫁さんよめさんがもらえないほどの貧乏びんぼーです。

ある日の事、男が炭焼きすみやきがまに火を入れるいれると、かまの中に大きなヘビが入っはいっていたのです。

「あっ、これは大変たいへんだ!」

男はすぐに火を消すけすと、かまの中にいたヘビを助けたすけてやりました。

大丈夫だいじょーぶか? もう少しで、焼け死ぬやけしぬところだったぞ。・・・おっ、そう言えいえお前おまえ、山でよく見かけるみかけるヘビだな。まあいい、もう二度と、かまに入っはいってはならねえぞ」

男はヘビを、草むらくさむら逃がしにがしてやりました。

その夜、男の家に、美しい娘がたずねてきました。

「わたしは、あなたを山でよく見かけみかけていました。お願いです。どうかあなたの嫁にしてください」

「それはうれしいが、わしはての通りとーり貧乏びんぼーだぞ」

「はい。貧乏びんぼーでも構いかまいません」

「そうか、それなら喜んよろこんで嫁にしよう」

こうして娘は、男のお嫁さんよめさんになったのです。

嫁さんよめさんはとても働き者はたらきもので、二人の暮らしくらしはだんだん豊かゆたかになっていきました。

やがてお嫁さんよめさんお腹おなか赤ん坊あかんぼー出来できて、男はとても幸せしあわせでした。

そしていよいよ赤ん坊あかんぼー生まれるうまれるという時、お嫁さんよめさんは男に言いいいました。

「今から赤ん坊あかんぼー生みうみますが、わたしが呼ぶよぶまでは、決して部屋へやをのぞかないでください」

「わかった。約束しよう」

けれど赤ん坊あかんぼー元気げんき泣き声なきごえ聞こえるきこえると、男は思わず部屋へやの戸を開けあけてしまったのです。

「あっ! ・・・お前おまえは」

男は、びっくりしました。

なぜなら部屋へやいっぱいに大蛇おろちがとぐろをまき、そのまん中まんなか生まれうまれたばかりの赤ん坊あかんぼーをのせて、ペロペロとなめていたのです。

すぐに人間にんげんの姿に戻っもどったお嫁さんよめさんは、悲しそうに言いいいました。

「あれほど、ないでとお願いしたのに。

・・・わたしは、炭焼きすみやきがまの近くちかくの池に住んすんでいたヘビです。

あなたが好きすきで嫁になりましたが、正体しょーたいられたからには、もう一緒にはいられません。

赤ん坊あかんぼーが乳をほしがったら、この玉をしゃぶらせてください。

わたしは、山の池に帰りかえります」

嫁さんよめさん赤ん坊あかんぼー水晶すいしょーの様な玉を置くおくと、逃げるにげる様に姿を消しけしました。

赤ん坊あかんぼー母親ははおや残しのこした玉をしゃぶって、すくすくと育ちそだちました。

母親ははおやがいないのに子どもこども育つそだつとは、不思議ふしぎな玉だ」

やがてこの話はうわさになって、ついに殿さまとのさまの耳にも届きとどきました。

「その玉を召し上げろめしあげろ!」

殿さまとのさま家来けらいやって来るやってくると、玉を無理やり奪っうばっていきました。

玉を取り上げとりあげられた子どもこどもは、お腹おなか空いあい泣き叫びなきさけびます。

困っこまった男は子どもこども抱いだいて、お嫁さんよめさんのいる山の池に行きいきました。

嫁さんよめさんよ。どうかて来て、子どもこどもに乳をやってくれ。あの玉は、殿さまとのさま取らとられてしまったんだ」

すると池の中から、両目りょーめをつぶった人間にんげんの姿のお嫁さんよめさん現れあらわれて、新しい玉を差し出しさしだしました。

「この子が泣くなくのは、一番いちばん切ない。大切たいせつな玉ですが、これを持っもって行ってください」

子どもこどもは新しい玉をしゃぶると、たちまち泣きなき止んやんで、元気げんき笑いわらい出しました。

ところがその玉も、また殿さまとのさま取り上げとりあげられてしまったのです。

お腹おなか空いあい子どもこどもは、また泣き叫びなきさけびます。

またまた困っこまった男は池に行くいくと、その事をお嫁さんよめさん話しはなしました。

するとお嫁さんよめさんは、悲しそうに両目りょーめをつぶったまま言いいいました。

「実はあの玉は、わたしの目玉めだまだったのです。二つふたつともあげてしまいましたから、もう玉はないのです」

「そ、それでは、お前おまえは目が見えみえないのか? ・・・ああ、何とむごい事を」

男は抱いだい子どもこどもと一緒に、泣きなき出しました。

するとお嫁さんよめさんは、大蛇おろちの姿に戻っもどっ言いいいました。

「ああ、いとしいあなたやこの子を泣かせるなかせる者は許さゆるさない。

わたしは今から、仕返しをします。

はやく、高いところへ行っいってください。

・・・この子の事は、頼みたのみましたよ」

そして大蛇おろちの姿のお嫁さんよめさんが池に飛び込むとびこむと、池の水が山の様にふくれあがってどんどんあふれました。

男は子どもこども抱えかかえて、夢中むちゅーで高い方へと駆けかけ上りのぼりました。

そして駆けかけ上りのぼりながら後ろうしろ振り返るふりかえると、池からあふれた水がふもとのお城へと流れながれていきます。

そして水は、あっという間に殿さまとのさまもろともお城を飲み込みのみこみ、どこかへと押し流しおしながしてしまいました。

おしまい


炭焼き
嫁さん
もらえる
貧乏
入れる
入る
大変
消す
助ける
大丈夫
焼け死ぬ
言う
お前
見かける
草むら
逃がす
たずねる
あなた
見る
通り
構う
喜ぶ
働き者
暮らし
豊か
お腹
赤ん坊
出来る
幸せ
生まれる
生む
呼ぶ
部屋
のぞく
わかる
元気
泣き声
聞こえる
開ける
大蛇
とぐろ
まん中
のせる
ペロペロ
なめる
人間
戻る
近く
住む
好き
正体
はいる
しゃぶる
帰る
水晶
置く
逃げる
母親
残す
育つ
子ども
不思議
殿さま
届く
召し上げる
家来
やって来る
奪う
取り上げる
空く
泣き叫ぶ
困る
抱く
行く
出る
取る
両目
つぶる
現れる
差し出す
泣く
一番
大切
持つ
止む
笑う
話す
目玉
二つ
あげる
見える
泣かせる
許す
頼む
飛び込む
ふくれあがる
あふれる
抱える
夢中
駆ける
上る
後ろ
振り返る
あふれ
ふもと
流れる
飲み込む
押し流す

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.