muksi - story thumb

--:-- / --:--
お月さまのお使い

お月さまのお使い

日本の昔話

むかしむかし、ある山の上やまのうえで、ウサギの兄弟きょーだいが歌を歌いうたいながら餅をついていました。

♪ウサギのもちつき ぺったんこ

♪ぺたぺたぺたぺた ぺったんこ

♪おいしいもちが つけたなら

♪お月さまに あげたいな

するとそれを聞いきいたサルが、よだれをこぼしながら考えかんがえました。

(なんて、うまそうな餅だろう。どうにかして、あの餅を手に入れるいれる方法ほーほーはないかな?)

そこでサルは、偉そうに胸を張っはってウサギたちの前にて行き、

「これ、そこのウサギたち。

わたしは、お月さまのお使いつかいじゃ。

さっき、そのお餅をお月さまにあげたいと申しもーしておったが、わたしがそのお餅をお月さまに届けとどけてやろう」

と、言いいいました。

するとウサギの兄弟きょーだいは、

「そいつは、ありがたい」

「ぜひ、お月さまに届けとどけてください」

と、大喜びよろこび一生懸命いっしょーけんめいに餅をつきました。

ところがあんまりつきすぎたため、餅がうすにくっついてしまい、どうやっても離れはなれないのです。

それをて、サルが言いいいました。

「早くしないと、お月さまに届けとどけてやらないぞ」

「はい。ただいま」

ウサギの兄弟きょーだいはあわててうすから餅を引っ張りひっぱり出そうとしますが、餅はなかなか離れはなれません。

イライラしたサルは、ウサギの兄弟きょーだい言いいいました。

「ええい、仕方しかたがない。

それではうすごと、お月さまにお餅を届けとどけてやろう。

背負うせおうから、それをわたしの背中せなか乗せのせてくれ」

「はい」

「それでは」

ウサギの兄弟きょーだいがサルの背中せなかにうすを乗せるのせると、サルはとたんに走り出しはしりだして、赤い舌をペロリと出しだしながら言いいいました。

「えっへへ、うまくいったぞ。

ばかなウサギめ、こんな所にお月さまの使いつかいがいるはずないのに。

さあ、あとでゆっくり食べよたべよ

サルは小声こごえ言っいったのですが、ウサギは耳が大きいので、その小声こごえ聞こえきこえたのです。

「なんだって! よくもだましたな!」

「こら、待てまてえ! このうそつきザルめ!」

怒っおこったウサギの兄弟きょーだいは、サルを追いかけおいかけました。

「ふん、だれが待つまつもんか!」

サルは重いうすを担いかついで、必死ひっし走っはしっていきました。

でも、ウサギは足が早い動物どーぶつなので、やがてサルに追いついおいつい言いいいました。

「サルさん、サルさん。

そ んなに走っはしったら転んころんでしまい、せっかくのお餅が泥だらけになってしまうよ」

「そうだよ。

もう怒っおこっていないから、走るはしるのをやめなよ。

お餅を、半分はんぶんこにしてあげるからさ」

「えっ? 本当に、半分はんぶんくれるのかい?」

「ああ、やるとも」

「約束するよ」

それを聞いきいてサルはほっとして、足を止めとめてうすを地面じめん降ろしおろしました。

そのとたん、ウサギの兄弟きょーだいはサルのお尻を思いっきり蹴飛ばしけとばしました。

「このうそつきザルめ!」

「だれがお前おまえなんかに、お餅をあげるものか!」

するとサルは山道さんどーをコロコロ転がっころがっていき、お尻をすりむいて、お尻がまっ赤になっていしまったのです。

それからです、サルのお尻が赤くなったのは。

おしまい


山の上
ウサギ
兄弟
歌う
ぺったんこ
つける
あげる
聞く
こぼす
考える
入れる
方法
張る
出る
使い
申す
届ける
言う
そいつ
喜び
一生懸命
くっつく
離れる
見る
あわてる
引っ張る
仕方
背負う
背中
乗せる
走り出す
ペロリ
出す
食べる
小声
聞こえる
だます
待つ
怒る
追いかける
担ぐ
必死
走る
動物
追いつく
転ぶ
やめる
半分
くれる
止める
地面
降ろす
蹴飛ばす
お前
山道
転がる
すりむく

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.