muksi - story thumb

--:-- / --:--
かぶと島

かぶと島

日本の民話

今から四百年ほど前、長崎ながさきの町に、お小夜さよ(さよ)という美しい娘がいました。

小夜さよキリスト教きりすときょーを信仰するキリシタンで、その美しい姿は絵に描かえがかれたマリアさまにそっくりなので、人々ひとびとはお小夜さよの事を『マリアのお小夜さよ』と呼んよんでいました。

その頃、与次郎よじろー(よじろう)という若者わかものが、南蛮寺なんばんじ(なんばんでら→キリスト教会きょーかい)の門の前で花売りをしていました。

小夜さよ毎日まいにち与次郎よじろーの花を買っかっては南蛮寺なんばんじお供えおそなえしていたのですが、いつしか二人は恋仲こいなかになっていたのです。

やがて二人の事が、町のあちこちでうわさされるようになりました。

お似合いおにあいの二人でしたが、まわりは二人を祝福してくれません。

なぜなら当時とーじのキリシタンには、他の宗派しゅーは男女だんじょ付き合っつきあってはならないという厳しい掟(おきて)があったからです。

ある晩、二人は人目ひとめをさけて浜辺はまべ出会っであっていました。

ところがこれを、神父しんぷられてしまったのです。

捕まっつかまった二人は、神父しんぷたちにとても厳しいおしおきを受けうけました。

特に与次郎よじろーの方はキリシタンをたぶらかした極悪ごくあく人として、長崎ながさき港の沖に浮かぶうかぶ『かぶと島』へ島流ししまながしにされたのです。

「お小夜さよ、夜になったらかぶと島をながめてくれ。わたしは毎晩まいばん赤い灯をともすから。赤い灯が見えるみえるかぎり、私は生きいきているから」

与次郎よじろーはお小夜さよにそれだけを言い残すいーのこすと、かぶと島へ送らおくられました。

それからというもの、お小夜さよは夜ごと浜辺はまべてはかぶと島を眺めながめました。

日も暮れるくれる頃になると、島にボーッと赤い灯がともります。

その灯をながめては与次郎よじろー思いおもい、お小夜さよは涙を流すながすのでした。

でもこれを、神父しんぷたちはこころよく思いおもいません。

与次郎よじろーは、信者しんじゃ惑わすまどわす悪魔あくまじゃ。悪魔あくまには、神罰しんばつ下さるくださるべきだ」

次の日の夜、お小夜さよがいくら待っまっても、かぶと島に赤い灯はともりませんでした。

その日の夜明けよあけ、お小夜さよは何かにつかれたかのようにふらふらと歩きあるき出して、一歩一歩、海の中に足をふみ入れいれたのでした。

与次郎よじろーさま。来世らいせでは、必ず結ばむすばれましょう」

翌朝よくあさ、かぶと島の波打ち際なみうちぎわに、並んならん倒れたおれている男女だんじょ死体したいがあがったそうです。

おしまい


長崎
小夜
キリスト教
キリシタン
描く
マリア
人々
呼ぶ
与次郎
よじる
若者
南蛮寺
なんば
キリスト
教会
毎日
買う
お供え
恋仲
あちこち
お似合い
まわり
当時
宗派
男女
付き合う
おきる
人目
さける
浜辺
出会う
神父
見る
捕まる
おしおき
受ける
たぶらかす
極悪
浮かぶ
島流し
ながめる
毎晩
ともす
見える
生きる
言い残す
送る
出る
眺める
暮れる
ともる
思う
流す
信者
惑わす
悪魔
神罰
下さる
待つ
夜明け
つかれる
歩く
入れる
来世
結ぶ
翌朝
波打ち際
並ぶ
倒れる
死体
あがる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.