muksi - story thumb

--:-- / --:--
歌うガイコツ

歌うガイコツ

百物語

むかしむかし、とても貧しい村に、六べえ(ろくべえ)と、九べえ(きゅうべえ)という若者わかものがいました。

「いつまでもこんな村にいては駄目だめだ。町へ働きはたらき行こいこう」

二人はそう言っいって、村をて行きました。

それから三年後、六べえは真面目まじめ働いはたらいて貯金も出来できましたが、九べえは遊んあそんでばかりいるので一文いちぶんなしです。

そんな九べえに、お母さんおかーさんが病気になったとの知らせしらせがありました。

それを聞いきいた六べえは、財布さいふから小判こばん取り出しとりだし言いいいました。

「おれもそろそろ村に帰っかえって、

百姓ひゃくしょー

(ひゃくしょう)をしようと思っおもっていたところだ。よければ、一緒に帰ろかえろう。それからお前おまえはおっかさんに見舞いの金がいるだろうから、この一両いちりょー(いちりょう)を貸しかしてやろう」

「すまねえ」

九べえがふと六べえの財布さいふ見るみると、小判こばんがまだ何枚も入っはいっています。

九べえはそれを見るみると、ニヤリと笑いわらいました。

次の朝、二人は一緒に村へ向かいむかいました。

そして途中とちゅーの峠で、九べえはいきなり六べえを刀で刺し殺しさしころして、六べえの財布さいふ奪い取っうばいとったのです。

九べえは一人で村に帰るかえると、村中むらなかに六べえの悪口わるぐち言いふらしいーふらしました。

「六ベえは働かはたらかずに酒ばかり飲んのんでいて、一文いちぶん無しだ。恥ずかしくて、村に帰っかえって来られないそうだ」

九べえはおかあさんの看病をしながら六べえから奪っうばっお金おかねでブラブラと遊んあそんでいましたが、やがてお母さんおかーさん死んしん奪っうばっお金おかねもなくなると、仕方しかたなく、また町へ行っいっ働くはたらく事にしました。

そして六べえを刺し殺しさしころした峠までやって来るやってくると、どこからか不思議ふしぎ歌声うたごえ聞こえきこえてきました。

願いねがいかなって、めでたやめでた。

♪すえはつるかめ、五葉の松。

♪ほーいほい、ほーいほい。

誰が歌っうたっているのかと辺りあたりてみると、何と木の枝に引っかかっひっかかっ人間にんげん頭がい骨ずがいこつが、口をパクパク動かしうごかしながら歌っうたっていたのです。

九べえは驚くおどろくよりも感心して、頭がい骨ずがいこつをふところにしまいました。

「ほう。歌ううたうガイコツとは珍しい。町で見世物みせものにすれば、大もうけ出来るできるぞ」

九べえが歌ううたうガイコツを使っつかっ見世物みせもの小屋こや開いひらいたところ、毎日まいにち押すおす押すおすなの大賑わいにぎわいです。

九べえはたちまち金持ちかねもちになり、やがて評判ひょーばん聞いきい殿さまとのさまからも歌ううたうガイコツを見せみせて欲しいと使いつかいたのです。

「こいつは、運が向いむいてきたぞ」

九べえはお城へ行くいくと、お殿さまとのさまの前で歌ううたうガイコツを取り出しとりだし言いいいました。

「さあ、歌ううたうガイコツよ。いつもの歌を、お殿さまとのさまにお聞かきかせするのだ」

「・・・・・・」

ガイコツは、全く歌いうたいません。

「これ、どうした。お殿さまとのさまの前だぞ」

「・・・・・・」

九べえは一生懸命いっしょーけんめい歌ううたうガイコツに歌を歌わそうたわそうとしましたが、ガイコツは口を閉じとじたままです。

「こら、ガイコツよ。頼むたのむから歌っうたってくれ!」

「・・・・・・」

やがて、お殿さまとのさま怒っおこって、家来けらい命じめいじました。

「このうそつき男をしばりあげて、首をはねい!」

するとガイコツが、初めて口を開いひらい言いいいました。

「お殿さまとのさま、ありがとうございます。自分じぶんは九べえに殺さころされた、六べえです。無念むねんをはらそうと、この日が来るくるのを待っまっておりました」

そしてガイコツは、ほれぼれする様な歌声うたごえ歌いうたいました。

願いねがいかなって、めでたやめでた。

♪すえはつるかめ、五葉の松。

♪ほーいほい、ほーいほい。

おしまい


くべる
きゅう
若者
駄目
働き
行く
言う
出る
真面目
働く
出来る
遊ぶ
一文
お母さん
知らせ
聞く
財布
小判
取り出す
帰る
百姓
思う
お前
おっかさん
一両
りょう
貸す
見る
入る
笑う
向かう
途中
刺し殺す
奪い取る
村中
悪口
言いふらす
飲む
おかあさん
奪う
お金
死ぬ
なくなる
仕方
やって来る
不思議
歌声
聞こえる
願い
かなう
めでる
やめる
かめる
歌う
辺り
引っかかる
人間
頭がい骨
動かす
驚く
ふところ
しまう
ガイコツ
見世物
使う
小屋
開く
毎日
押す
賑わい
金持ち
評判
殿さま
見せる
使い
来る
こいつ
向く
一生懸命
歌わす
閉じる
頼む
怒る
家来
命じる
しばりあげる
はねる
自分
殺す
無念
はらす
待つ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.