muksi - story thumb

--:-- / --:--
オオカミのぬかよろこび

オオカミのぬかよろこび

江戸小話

ある日の事、山から、腹ぺこはらぺこ

オオカミ

降りおりてきました。

「何か食うくう物はないかな? 出来れできれば、人間にんげん子どもこども食いくいたいが」

村までやってくると、一軒の家で子どもこども泣いないています。

あまりにも泣くなくので、怒っおこっ母親ははおや怒鳴りどなりました。

「まったく、いつまで泣いないているの! あまりいつまでも泣いないていると、オオカミに食べたべさせてしまうよ!」

それを聞いきいて、オオカミは喜びよろこびました。

「しめた。ここで待っまっていれば、子どもこども食えるくえるぞ」

オオカミは物陰ものかげ隠れかくれて、母親ははおや子どもこども追い出すおいだすのを今か今かと待っまっていました。

ところが子どもこども泣きなきやむと、母親ははおやは優しい声で、

「ああ、よしよし。お前おまえはいい子だねえ。こんな可愛い子を、オオカミになんかにやってたまるもんか。ああ、よしよし。さ、おっぱいをあげようね」

それを聞いきいて、オオカミはがっかりです。

「ちえっ、ぬか喜びよろこびか」

おしまい

よくたお話が、イソップ童話どーわにもあります。

オオカミとおばあさん


腹ぺこ
オオカミ
降りる
食う
出来る
人間
子ども
やってくる
泣く
怒る
母親
怒鳴る
食べる
聞く
喜ぶ
しめる
待つ
食える
物陰
隠れる
追い出す
お前
たまる
おっぱい
あげる
喜び
似る
イソップ
童話
おばあさん

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

20211028

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.