muksi - story thumb

--:-- / --:--
さとり

さとり

百物語

むかしむかし、木こりきこりが山に小屋こや立てたてて、毎日まいにち毎日まいにちオノをふるっていました。

ある日、木こりきこりが木を切っきっている途中とちゅーで日が暮れくれてしまいました。

仕方しかたない。今夜こんやはここで野宿をするか」

木こりきこり枯れ枝かれえだ拾いひろい集めあつめて、たき火たきびをしていると、

ガサガサ、ガサガサ。

と、クマザサをかきわけて、

ひとつ目

の一本足が現れあらわれました。

一つひとつ目の一本足はたき火たきびのそばに来るくると、黙っだまって手をあぶりはじめます。

(何だ、この化け物ばけものは?)

木こりきこりがそう思うおもうと、ひとつ目の一本足がにやりと笑っわらっ言いいいました。

「今、お前おまえが何を思っおもったか、当てあててやろう。

『何だ、この化け物ばけものは?』

そう思っおもっただろう」

ひとつ目の一本足は、見事みごと言い当ていーあてました。

(こいつは、おれの思うおもう事がわかるのか? こいつはうわさに聞くきく、さとりの化け物ばけものかもしれん)

木こりきこりがそう思うおもうと、ひとつ目の一本足が言いいいました。

お前おまえ、『こいつは、おれの思うおもう事がわかるのか? こいつはうわさに聞くきく、さとりの化け物ばけものかもしれん』と、思っおもったろう」

またまた、言い当ていーあてました。

(こんな化け物ばけものに、構っかまってはおられん)

木こりきこり逃げ出そにげだそうとすると、ひとつ目の一本足がまた言いいいました。

「今、『こんな化け物ばけものに、構っかまってはおられん』と、思っおもったろう」

怖くなった木こりきこりが、

(こんな化け物ばけもの、はやく帰れかえればいいが)

と、思うおもうと、ひとつ目の一本足はまた言いいいました。

「今、『こんな化け物ばけもの、はやく帰れかえればいいが』と、思っおもったろう」

(何とかして、こいつを追い返すおいかえす方法ほーほーはないだろうか?)

木こりきこり考えかんがえていると、たき火たきび火の粉ひのこがパチーンとはじけ飛んとんで、ひとつ目一本足の大きな目玉めだま飛び込みとびこみました。

ひとつ目の一本足は、びっくりして飛び上がるとびあがると、

「あちちちちっ! 人間にんげんて、思わおもわん事もするもんだ。危なくて、こんなところにはおられん」

と、あわてて山へ逃げにげていきました。

おしまい


木こり
小屋
立てる
毎日
ふるう
切る
途中
暮れる
仕方
今夜
枯れ枝
拾う
集める
たき火
ガサガサ
クマザサ
かきわける
ひとつ
現れる
一つ
来る
黙る
あぶる
化け物
思う
笑う
言う
お前
当てる
見事
言い当てる
こいつ
わかる
聞く
さとり
しれる
構う
はおる
逃げ出す
帰る
追い返す
方法
考える
火の粉
パチーン
はじける
飛ぶ
目玉
飛び込む
飛び上がる
人間
あわてる
逃げる

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.