muksi - story thumb

--:-- / --:--
生き返ったカジカ

生き返ったカジカ

日本の民話

むかしむかし、富山とやまのある村で、村人むらびと川原かわら集まっあつまって春祭りまつりをしていました。

この日は朝から村人むらびとたちが野菜やさいやおみそなどを持ちもちよって、男たちが川でとったカジカと一緒にて、おいしい『カジカ汁』をつくって食べるたべるのです。

料理は簡単かんたんで、包丁ほーちょーの先でカジカのお腹おなかをすこし裂きさき、そこから腹わたを取り出しとりだし野菜やさいと一緒にみそ汁にするのです。

みんなが楽しそうに料理をしていると、一人の旅人たびびと通りかかりとーりかかりました。

お前おまえたち、何をしておるんだ? 今日きょーが何の日か、知らしらんのか?」

「何の日って、今日きょーは村の春祭りまつりの日じゃ。

祭りまつりには、毎年まいとしこうして村中むらなかでカジカ汁を食うくうことになっとるんじゃ。

体が温まっぬくまって、おいしいぞ。

もうすぐ出来るできるから、あんたも一杯、食っくっていったらどうじゃ」

何匹ものカジカのお腹おなか包丁ほーちょーの先で裂いさいていた男が言ういうと、旅人たびびと声高こわだか言いいいました。

馬鹿ばか者! 今日きょーは二十八日。親鶯上人しょーにん(しんらんしょうにん)という、偉いお坊さんぼーさんの月のご命日めいにちぞ。その日に生き物いきもの殺すころすとは何事なにごとか!」

男はびっくりして、包丁ほーちょーから手をはなしました。

するとお腹おなか裂かさかれてまな板まないたの上にのっていたカジカがみんな生き返っいきかえって、ピチピチとはねだしたのです。

大変たいへんだ。はやくカジカを川へ戻すもどすんだ!」

村人むらびとたちは、急いいそいでカジカを川へ逃がしにがしました。

この事があってから、この村の川に住むすむカジカは、みんなお腹おなか切らきられたようなくぼみがあるそうです。

おしまい


富山
村人
川原
集まる
祭り
野菜
持つ
カジカ
煮る
つくる
食べる
簡単
包丁
お腹
裂く
取り出す
みんな
旅人
通りかかる
お前
今日
知る
毎年
村中
食う
温まる
出来る
あんた
言う
声高
馬鹿
上人
しょうにん
坊さん
命日
生き物
殺す
何事
はなす
まな板
生き返る
はねだす
大変
戻す
急ぐ
逃がす
住む
切る
くぼむ

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.