muksi - story thumb

--:-- / --:--
二本のロウソク

二本のロウソク

世界の昔話

むかしむかし、ある家のテーブルの上に、二本のロウソクが置かおかれていました。

一本は蜜蝋みつろー(みつろう)と言っいって、とても高価こーか上等じょーとーなロウソクでした。

クルクルとねじった細身ほそみのデザインが、とってもおしゃれです。

もう一本はクジラの油から作らつくられた、安物やすもののロウソクでした。

上等じょーとーなロウソクと違いちがい、ただ丸めまるめただけのおデブさんです。

蜜蝋みつろーは、自慢げに言いいいました。

「ぼくは、ほかのロウソクよりも格好かっこー良くて、しかもずっと明るく光るひかるんだ。だからきっと、銀のロウソク立てに置かおかれるよ」

蜜蝋みつろー言葉ことばに、安物やすもののロウソクがため息をつきました。

「いいなあ。ぼくも君みたいに、客間きゃくまでパーティーに来るくる人たちを照らしてらしてあげたいよ。でも、僕が行くいくところは、せいぜい台所だいどころさ」

その時、この家の奥さまおくさまやって来やってきて、

安物やすもののロウソクを手に取るとる台所だいどころ持っもって行きました。

(やっぱり)

安物やすもののロウソクは、がっかりです。

台所だいどころには、カゴをかかえた小さな男の子おとこのこ立ったっていました。

そのかごの中にはたくさんのジャガイモと、いくつかリンゴが入っはいっています。

奥さまおくさまが、男の子おとこのこ言いいいました。

「さあ、このロウソクも持っもって行きなさい。あなたのお母さんおかーさんは夜遅くまでお仕事をなさるでしょうから、これが役に立ちやくにたちますよ」

するとそれを聞いきいた、この家の小さな女の子おんなのこ言いいいました。

「あら、わたしだって夜遅くまで起きおきているわ。

だって今夜こんやは、ダンスパーティーがあるんですもの。

わたし、大きな赤いリボンをつけてもらうのよ」

安物やすもののロウソクは、お星さまのようにきらきらと目を輝かすかがやかす女の子おんなのこて、

「わあ。何て可愛い子だろう」

と、思いおもいました。

「でも、ぼくはもう二度と、この女の子おんなのこには会えあえない。

蜜蝋みつろーくんは、きっと女の子おんなのことダンスパーティーを楽しむたのしむのだろうけど、ぼくは貧しい家にもらわれていくのだから」

男の子おとこのこはカゴにロウソクを入れるいれると、みすぼらしい小さな家に帰りかえりました。

この家のお父さんおとーさんはもう死んしんでしまって、お母さんおかーさんがぬい物をしながら三人の子どもこども育てそだてていました。

男の子おとこのこが、カゴのロウソクをお母さんおかーさん差し出すさしだすと、

「まあ、いいロウソクをいただいて」

と、お母さんおかーさんはとても喜んよろこんで、

安物やすもののロウソクに火をつけました。

その時、この家の一番いちばん下の女の子おんなのこ入っはいってきました。

その子はにこにこしながら、お兄さんにーさんとお姉さんねーさんのところに行くいくと、

「あのね、問題もんだいだよ。今夜こんやのごちそうは、なーんだ? えへへ。それはね、あったかいジャガイモだよ」

女の子おんなのこはうれしくてたまらないというように、可愛い目をキラキラと輝かかがやかせました。

安物やすもののロウソクは、その女の子おんなのこてこう思いおもいました。

「ああ、さっきた、お金持ちかねもち女の子おんなのこと同じ目だ。

むこうは豪華ごーかなパーティーで、

こっちはジャガイモのごちそうだけど、どっちの女の子おんなのこも同じように幸せしあわせなんだなあ」

やがて、晩ご飯ごはんになりました。

「とてもおいしい、ジャガイモだね」

「それに、リンゴまであるんだよ」

神さまかみさま、おめぐみありがとうございます」

にぎやかな食事が終わるおわると、子どもこどもたちはベッドに入っはいって、お母さんおかーさんからおやすみのキス、してもらいました。

「ああ、楽しい夜だったなあ」

安物やすもののロウソクは、この家族かぞくと一緒に幸せしあわせ時間じかん過ごせすごせて、とても満足でした。

「もう、蜜蝋みつろーくんがうらやましくないや。

みんなそれぞれに幸福こーふくがあって、自分じぶん幸福こーふく感じかんじられれば、それは幸福こーふくな事なんだ。

だからぼくは、本当に幸福こーふくだ。

・・・あっ、お母さんおかーさんがぬい物を始めるはじめるぞ。よーし、ぼくも頑張らがんばらなくちゃ」

おしまい


テーブル
ロウソク
置く
蜜蝋
言う
高価
上等
ねじる
細身
おしゃれ
クジラ
作る
安物
違う
丸める
格好
光る
言葉
客間
パーティー
来る
照らす
行く
台所
奥さま
やって来る
取る
持つ
かかえる
男の子
立つ
たくさん
ジャガイモ
いくつ
リンゴ
入る
あなた
お母さん
なさる
役に立つ
聞く
女の子
起きる
今夜
リボン
つける
輝かす
見る
思う
会える
楽しむ
もらう
入れる
帰る
お父さん
死ぬ
子ども
育てる
差し出す
いただく
喜ぶ
一番
兄さん
姉さん
問題
はねる
輝く
金持ち
豪華
こっち
どっち
幸せ
ご飯
神さま
めぐみ
にぎやか
終わる
ベッド
家族
時間
過ごせる
みんな
それぞれ
幸福
自分
感じる
始める
頑張る

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021624

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.