muksi - story thumb

--:-- / --:--
ワラと炭とマメ

ワラと炭とマメ

世界の昔話

むかしむかし、ある村に、一人の貧しいおばあさんが住んすんでいました。

おばあさんはマメをひとさら集めあつめて、煮よにようと思いおもいました。

そこでおばあさんはかまどに火をおこすため、ひとつかみのワラに火をつけました。

おばあさんがマメをナベにあけるとき、知らしらない間に一粒だけおばあさんの手から滑り落ちすべりおちました。

そのマメは床の上のワラのそばに、コロコロと転がっころがっていきました。

すぐそのあとから、まっ赤におこっている炭がかまどからはね出して、この二人のところへやってきました。

すると、ワラが言いいいました。

お前おまえさんたち、どこからたんだね?」

炭が、答えこたえました。

「おれはうまいぐあいに、火の中から飛び出しとびだしてきたんだよ。

こうでもしなかったら、間違いまちがいなしにおだぶつさ。

燃えもえて灰になっちまうに、決まっきまってるもの」

今度こんどは、マメが言いいいました。

「あたしも、無事ぶじ逃げにげてきたわ。あのおばあさんにおナベの中へ入れいれられようものなら、ほかのお友だちともだちと同じように、ドロドロにられてしまうところだったのよ」

「おれだって、似たりよったりにたりよったりの目に会っあってるのさ」

と、ワラが言いいいました。

「おれの兄弟きょーだいたちは、みんなあのばあさんのおかげで火をつけられて煙(けむり)になっちまったんだ。

ばあさんたら、いっぺんに六十もつかんで、みんなの命をとっちまったのさ。

おれだけは運良く、ばあさんの指の間から滑り落ちすべりおちたからいいけどね」

「ところで、おれたちはこれから、どうしたらいいだろう?」

と、炭が言いいいました。

「あたし、こう思うおもうのよ」

と、マメが答えこたえました。

「あたしたちは運良く死なしなずにすんだのですから、みんなで仲良しなかよしのお友だちともだちになりましょうよ。

そしてここでもう二度とあんなひどい目に会わあわないように、一緒に外へて、どこかよその国へでも行きいきましょう」

この話に、ほかの二人も賛成しました。

そこで三人は連れつれだって、出かけるでかけることになったのです。

やがて三人は、とある小さな水の流れながれのところにやってきました。

見るみると橋もなければ、渡しわたし板もありません。

三人はどうして渡っわたったものか、とほうにくれてしまいました。

するとワラが、うまい事を思いついおもいつい言いいいました。

「おれが横になって、ねころんでやろう。そうすればお前おまえさんたちは橋を渡るわたるように、おれの体の上を渡っわたっていけるというもんだ」

こう言っいってワラはこっちの岸から向こうむこーの岸まで、体を長々とのばしました。

すると炭は生まれつきうまれつきせっかちだったものですから、この出来できたばかりの橋の上をかけ出しました。

ところが真ん中まんなかまでて、足の下で水がザーザーと流れるながれる音を聞きききますと、どうにも怖くなってそこに立ちすくんたちすくんでしまいました。

「おい、はやく渡れわたれ! おれが燃えもえちまうだろう!」

ワラがどなりましたが、炭はブルブルふるえながら言いいいました。

「わかっているが、怖くて、怖くて」

そのうちにワラは燃えもえ出して二つふたつ切れきれて、水の流れながれの中へ落っこちおっこちました。

もちろん炭も水の流れながれ落ちおちてしまい、ジュッといって命を失っうしなってしまいました。

この出来事できごとていたマメは、おかしくて、おかしくて、お腹おなかをかかえて大笑いです。

ところがあんまりひどく笑っわらったものですから、とうとうお腹おなかがパチンとはじけてしまいました。

その時、旅をしている仕立したて屋(したてや)さんが、運良くはじけたマメを見つけみつけてくれました。

仕立したて屋さんはとてもやさしい人でしたから、さっそく針と糸を取り出しとりだしてマメの体をぬいあわせてくれました。

「ありがとうございます。おかげで助かりたすかりました」

マメは仕立したて屋さんに、何度も何度もお礼を言いいいました。

けれども仕立したて屋さんがつかったのは黒い糸でしたので、それからというものはどのマメにも黒いぬい目がついているのです。

おしまい


おばあさん
住む
集める
煮る
思う
はかま
おこす
つける
あける
知る
滑り落ちる
転がる
おこる
はねる
やってくる
言う
お前
来る
答える
ぐあいに
飛び出す
間違い
燃える
決まる
今度
あたし
無事
逃げる
入れる
友だち
会う
兄弟
みんな
ばあさん
おかげ
けむる
つかむ
死ぬ
仲良し
出る
行く
連れ
出かける
流れ
見る
渡し
渡る
くれる
思いつく
ねころぶ
こっち
向こう
のばす
生まれつき
せっかち
出来る
かける
真ん中
流れる
聞く
立ちすくむ
どなる
ふるう
わかる
二つ
切れる
落っこちる
落ちる
ジュッ
失う
出来事
お腹
かかえる
笑う
はじける
仕立
見つける
取り出す
ぬいあわせる
助かる
つかう

: N1

: N2

: N3

: N4

: N5

muksi, kanayomi

「今日は何の日?」

2021613

元:地球くん

muksi

MUKSI







Check Our Apps

download app on apple storedownload app on google play
© 2020 CopyrightiMuksiAll Rights Reserved.